読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わしのボクシングブログ|わしボク

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

エロール・スペンスはキース・サーマンが倒せなかったタフネスをKO VSレオナルド・ブンドゥ

▼スポンサーリンク

▼最新記事

エロール・スペンス・ジュニア(アメリカ)VSレオナルド・ブンドゥ(イタリア)

IBF世界ウェルター級挑戦者決定戦(2016年8月21日)

f:id:stonemeintothegroove:20161014110903j:plainf:id:stonemeintothegroove:20161014110910j:plain

(出典:WOWOW)

エロール・スペンスはスター街道まっしぐらの、スーパースター候補です。

20戦20勝17KO、26歳。IBF2位のサウスポーです。

4月にはマニー・パッキャオが倒せなかったクリス・アルジェリに5RTKOで勝利し、一躍世界戦線のトップに躍り出ました。

 

レオナルド・ブンドゥは36戦33勝12KO1敗2分け、なんと41歳です。IBF6位。本来は右構えですが、時折スイッチします。

唯一の1敗は2014年キース・サーマンに判定負けしたものです。

この時のサーマンは初回にダウンを奪いながらも、ブンドゥのパワーに押されて大苦戦。大差の判定で勝ったものの、観客からは大ブーイングを浴びました。

 

スピードのスペンス対パワーのブンドゥ

サーマン戦でも実証済みのブンドゥのパワーは、この日も全開。プレッシャーをかけてスペンスに襲い掛かります。

スペンスは右ジャブで対抗。接近したら左ボディをヒットします。

3ラウンドにはスペンスの左のタイミングが合ってきたようです。

しかし、ブンドゥのプレッシャーが強いからか、右ジャブは若干力み気味です。

 

スペンスのKOまでの組み立てが完璧

それでも、4ラウンドに入ると、スペンスのボディ攻撃が功を奏してきたのか、ブンドゥの前に出るパワーが落ちてきて、逆にスペンスが前に出ます。

左ストレートを強めに打ち込み、右がボディにヒットし、完全にスペンスがペースをつかみました。

 

5ラウンドはブンドゥがまたプレッシャーをかけて前に出てきましたが、スペンスは右ジャブで距離をコントロールし、左のタイミングを計っているような感じです。

 

そして、どうやら6ラウンドにGOサインが出たようです。

左右のボディブローが効果的にヒットし、ブンドゥの戦力をそぎ落とします。

ワンツーがきれいにヒットし、ロープに詰めて左アッパーがクリーンヒットしました。この後スペンスが少し押したため、スリップダウンと裁定されましたが、ブンドゥのダメージはかなり深刻です。

そして、スペンスがブンドゥを再びロープに詰め、会心の右フックを放つと、ブンドゥは完全に意識が飛んでロープの外にダウンしました。すぐさまレフリーがストップし、6RTKO勝ち。

f:id:stonemeintothegroove:20161014113606j:plainf:id:stonemeintothegroove:20161014113613j:plain

(この右フックでブンドゥの意識が完全に飛んでしまいました。)

サーマンが倒せなかったブンドゥを見事に倒しました。

 

ジャブで距離を測り、ボディブローで相手の戦力をそぎ、左ストレートのタイミングが合うと、一気に攻め落とします。KOまでの組み立てが完璧です。

 

気になる次戦

 

一応、この試合はIBFタイトルの挑戦者決定戦となっていますが、IBFのチャンピオンはゴロフキンと対戦したケル・ブルックです。

一旦ミドルの体を作ったブルックが、果たしてウェルター級に戻って来れるのでしょうか。

ビッグマッチを希望するブルックの対戦相手には、サウル・アルバレス、ミゲール・コット、アミール・カーンなども候補に挙がっています。

 

私の希望は、もちろブルックVSスペンスですが、なんだかこの対戦は実現しないような気がします。

スペンスVSキース・サーマン、スペンスVSダニー・ガルシアも見たいですね。