わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

スミス兄弟(カラム・スミス、ポール・スミス)がそろってボディブローでTKO勝ち

▼最新記事

カラム・スミス(イギリス)VSノルバート・ネメサパティ(イタリア)

WBCシルバーSミドル級タイトルマッチ(2016年9月10日)

f:id:stonemeintothegroove:20161013113812j:plainf:id:stonemeintothegroove:20161013113819j:plain

(出典:WOWOW)

この試合も、ゴロフキンの防衛戦のアンダーカードです。

カラム・スミスはスミス兄弟の4男です。

ジョー小泉さんいわく「このカラムが兄弟の中で一番素質がありますね。」

20戦全勝15KO、26歳。

 

ネメサパティは24戦21勝16KO3敗。ハンガリーSミドル級チャンピオンですが、その実力はどうでしょうか。

ネメサパティのお腹の周りに、ややゆとりが感じられますね。

一方のカラムは191㎝。二人が対峙した時、一回り以上大きく感じられました。

 

 

攻防分離のカラム・スミス

ネメサパティが前に出てパンチを出している間は、カラムはがっちりガードを固めて、手を出しません。

そして、相手が攻撃の手を休めると、パワフルなパンチを繰り出し、ネメサパティを圧倒します。この攻防分離型は、アルトゥール・アルバハムに似ていますね。

2ラウンドにはカラムがペースを掌握しました。ネメサパティはボディも効いています。スミス兄弟はボディブローが上手いですね。

3ラウンド以降はもうカラム・スミスの一方的な展開。

6ラウンドにネメサパティが勝負をかけて、最後の力を振り絞り反撃に出ましたが、残り1分で力尽き、ゴング間際のカラムのボディブローでついにネメサパティがダウンしました。

f:id:stonemeintothegroove:20161013120407j:plainf:id:stonemeintothegroove:20161013120358j:plain

(長いリーチでボディを打たれたら、逃げられませんね)

一応、カウント8で立ってきましたが、7ラウンドの開始のゴングに応えられず、ギブアップ。

 

カラム・スミスは上体の柔らかさに欠けますが、圧倒的な体幹の強さは、Lヘビーでも十分通用しますね。

WBC王者のバドゥ・ジャック(スウェ―デン)なら楽勝でしょう。

 

ポール・スミス(イギリス)VSダニエル・レジ(ハンガリー)

Sミドル級6回戦

3試合目に登場しました。

ポール・スミスはスミス兄弟の長男で、33歳。

こちらはもう峠を過ぎた感じがありますね。

上半身がボテッとしていて、むしろ相手のダニエル・レジの方が、見た目ははるかに強そうです。

 

しかし、この試合は見た目とは大違いで、ポールの一方的な展開となりました。

まず、3ラウンドにボデブローで1回目のダウン。4ラウンドに2度ダウンしましたが、まだ止められません。

5ラウンドにまたボディブローで4度目のダウンをしましたが、それでもレジは諦めません。そして、5度目のボディブローでついにレフリーがストップしました。

 

ポール・スミスはまだ再浮上を狙っているのでしょうか。