読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

「わしボク」がちょっと気になったボクサー 西日本新人王決勝

▼スポンサーリンク

▼最新記事

富田大樹 判定 龍虎慎太郎

ミニマム級4回戦(2016年9月11日)

f:id:stonemeintothegroove:20161011112000j:plain

(出典:スカイA)

富田は構えも良く、何よりサウスポーを全く苦にしません。

4回戦クラスでは絶対にサウスポーが有利なんですが、富田は見事にサウスポー攻略のお手本のようなボクシングを見せてくれました。

初回から、距離をしっかりつかみ、面白いように右ストレートをヒットさせていました。一方の龍虎は距離がつかめずパンチが空転。

富田は左ボディもうまいですね。

龍虎も3勝無敗でしたが、この二人の実力差はかなりあったように思います。

富田は6勝無敗1KO。4ラウンドは少しスタミナ切れでしたが、最後にラッシュを見せた気持ちの強さは大したものです。

 

 

城後響 1RTKO 里村広明

バンタム級4回戦

f:id:stonemeintothegroove:20161012113619j:plain

(出典:スカイA)

やっぱりKOはいいですね。

城後はこのクラスでは破格のパンチ力があります。

この勝利で3戦全勝3KO、22歳。

最初のダウンは右を引っ搔けて倒した感じですね。

f:id:stonemeintothegroove:20161012113853j:plain

しかし、2度目のダウンのワンツーストレートはきれいなパンチでした。

f:id:stonemeintothegroove:20161012113953j:plainf:id:stonemeintothegroove:20161012113944j:plain

(ワンツーのお手本のようなパンチでした)

そして最後の右フックは、これまた秀逸でした。

接近してコンパクトに打った、技ありの右フックでとどめを刺しました。

少し体が硬そうで、パンチをもらった時の耐久力に不安を残しますが、パワーと体幹の強さは十分それを補って余りあり、という気がします。

中日本の中村祐斗との一戦は楽しみなカードですね。

 

上田隆司 2RTKO 竹内周

Sフェザー級4回戦

f:id:stonemeintothegroove:20161013111745j:plain

 (出典:スカイA)

上田は右利きのサウスポー。いち早く左ストレートの距離とタイミングをつかみ、2ラウンドにはその左が面白いようにヒットします。

このラウンドの途中で、竹内の右目から出血が見られました。

f:id:stonemeintothegroove:20161013112521j:plain

(この左を再三もらい、竹内が右目をカット)

2分過ぎにドクターのチェックが入り、上田のパンチによるものと裁定され、負傷による上田のTKO勝ちとなりました。

ガードが低く、少し変則気味ですが、ディフェンスの勘がいいので、竹内のパンチをまともにもらうことはありませんでした。

これで6戦全勝1KO、23歳。左のパンチにもう少し威力があれば申し分ないですね。