読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

ゴロフキンVSブルックの前座にコナー・ベン(ナイジェル・ベンの息子)が4回戦で登場

▼スポンサーリンク

▼最新記事

コナー・ベン(イギリス)VSジョー・ダカ―(イギリス)

ウェルター級4回戦(2016年9月10日)

f:id:stonemeintothegroove:20161012123907j:plain

(出典:WOWOW)

 

この日はゴロフキンのメインを含め、対戦カードが10試合。

 

ベンはそのトップバッターで登場しました。

コナー・ベンはあのナイジェル・ベンの息子です。

ここまで3戦全勝2KO、19歳。

 

相手のダカ―は2戦1敗1分け。

辰吉JRの相手よりひどいかませ犬ですね。

体格はベンより大きく立派な感じがしますが、この選手の取り柄はそれだけです。ガードは構えているだけで、両腕は全くその役目をはたしていませんでした。

 

反射神経もスピードも申し分なし

さすが、ナイジェル・ベンの息子だけあって、動きもパンチもスピードは申し分なし。相手のパンチをかわす反射神経も才能を感じさせます。

とまあ、ここまで断言していいのかどうか。今日の相手のレベルが低すぎて、まるでサンドバックを相手にしているような感じでしたからね。

相手をロープに詰めて右フックから左の返しで、あっさりダウンを奪います。

 

f:id:stonemeintothegroove:20161012125310j:plainf:id:stonemeintothegroove:20161012125323j:plain

そして、ゴング間際にダウンを追加しました。

もう、これで勝負あった、て感じでしたが、カウント8でダカ―が立ってきましたので、とりあえず1ラウンドが終了しました。

 

ここで、ゴング間際のダウンに対する処置として、ジョー小泉さんの蘊蓄をご紹介します。

要は、ゴングをどこで鳴らすかです。

仮に3分ちょうどで、鳴らしたとしたら、カウント8後、つまり8秒後に休憩が始まり、本来1分あるべきインターバルが52秒しかないということになります。

だから、カウント8と同時にゴングを鳴らし、休憩を1分間与えるべきだ、という意見もあり、世界の趨勢は後者のようです。

まあ、私はどっちでもいいですけどね。

 

そんなわけで、2ラウンドが始まりましたが、もうダカ―に戦力は残っていません。

ベンがラッシュすると、あっさり座り込み、レフリーがストップしました。

f:id:stonemeintothegroove:20161012131226j:plainf:id:stonemeintothegroove:20161012131216j:plain

(2ラウンドは不要でしたね)

また、辰吉寿以輝と比べて申し訳ないですが、才能という点では、コナー・ベンの方がかなり上のような気がします。

だからと言って、世界を狙える素材かどうかは、未知数です。

大切に育てる意向(勝てる相手としかやらせない)のようですので、次にお目にかかるのは、2年ぐらい先になるかもしれませんね。それまで無敗であればの話ですが。