読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わしのボクシングブログ|わしボク

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

わしボクが気になった選手 西部日本VS中日本 新人王対抗戦

▼スポンサーリンク

▼最新記事

今回選んだ理由は簡単です。KOで勝ったかどうかだけです。

誰が何と言おうが、やっぱりボクシングはKOですよ。

少なくともこの対抗戦で判定決着になった試合は、私にとっては技術的にも見るべきものがなく退屈でした。

村上勝也(中日本)4RTKO 大久保和也(西部日本)

Sフライ級4回戦(2016年9月19日)

 

f:id:stonemeintothegroove:20161008103115j:plain

(出典:日テレG+)

村上は4戦3勝1分け、22歳。

 

これまでKO勝ちは一度もありませんが、パンチ力は結構あると思います。

アウトボクシングをしているときは、スタイリッシュでいい構えをしてますが、パンチが当たり強引に攻めこんだ際に、ガードがかなりおろそかになります。

1Rも調子に乗って攻め込んで、カウンターをもらい、ダウンを喫しています。(レフリーの裁定はスリップでしたが)

f:id:stonemeintothegroove:20161008103753j:plainf:id:stonemeintothegroove:20161008103804j:plain

(左ガードががら空きになり、そこへ右カウンターをもらいダウンを喫しました)

しかし、いい素質を持っているのは間違いないです。

判定かな?と思っていたら、4Rに右ストレートをカウンターでヒットし、大久保は完全に足元が怪しくなりました。

そして、村上がラッシュすると、レフリーがストップしました。

f:id:stonemeintothegroove:20161008103945j:plainf:id:stonemeintothegroove:20161008103953j:plain

(右ストレートのカウンターはきれいに決まりましたが、追撃のラッシュは少し雑でした)

村上は、KOを狙わず、自分の距離でボクシングが出来れば、新人王の可能性もありますが、強引に倒しに行くと、間違いなくカウンターの餌食になるでしょう。

 

中村祐斗(中日本)1RTKO 松ケ野貴志(西部日本)

バンタム級4回戦

f:id:stonemeintothegroove:20161008105020j:plain

(出典:日テレG+)

私はこの対抗戦では、中村が、一番完成度が高いと思いました。

7戦5勝4KO2敗。22歳。

打ち合いになっても、しっかり相手を見て、パンチを放ち、ガードもしっかりしていてバランスもいいですね。

松ケ野とはかなり力の差がありました。

そして、左ストレートが見事にカウンターで決まり、松ケ野がダウン。

カウント8で立ってきましたが、ダメージは深刻でした。

中村がラッシュすると、すぐにレフリーがストップしました。

f:id:stonemeintothegroove:20161008105454j:plainf:id:stonemeintothegroove:20161008105506j:plain

(左ストレートがカウンターで決まり、これでほぼ決まりでした)

中村は、十分新人王を狙える実力があります。楽しみな選手です。

 

小田翔夢(西部日本)2RTKO  ミゲル・オカンポ(中日本)

ライト級4回戦

f:id:stonemeintothegroove:20161008110758j:plain

(出典:日テレG+)

小田はまだ2戦のキャリアですがいずれもKOで勝っています。

相手のオカンポは3戦3勝1KO、サウスポーの29歳。フィリピン出身のボクサーです。

ゴングが鳴るとすぐにお互い重いパンチ交錯させ、序盤からスリリングな展開となりました。

最初に強いパンチをヒットしたのはオカンポでしたが、ロープに詰まっ小田の右アッパーがカウンターで決まり、オカンポがダウン。

私にはスリップに見えましたが、ビデオで見ると、確かに右アッパーがヒットしていました。

f:id:stonemeintothegroove:20161008110912j:plainf:id:stonemeintothegroove:20161008110924j:plain

(一応ダウンの裁定をしましたが、レフリーは3ジャッジにスリップではないか、の確認をとっていました。珍しい場面です)

ダウンかスリップかの確認の間に、オカンポが少し回復したのでしょう。この回は何とか小田の追撃を逃れました。

しかし、ゴング間際に放った小田の右フックで、オカンポはかなりダメージを被りました。ゴングが鳴った後も、フラフラの状態で、セコンドに抱えられて何とか自分のコーナーに戻りました。

2ラウンドは、まだダメージの回復していないオカンポに対し小田が容赦なく攻め込み、最後は強烈な右ストレートで2度目のダウンを奪いました。

f:id:stonemeintothegroove:20161008110952j:plainf:id:stonemeintothegroove:20161008111003j:plain

ダウンと同時に、すぐにセコンドからタオルが投入され、小田のTKO勝ち。

まだまだ粗削りですが、体幹がしっかりしており、パンチ力も文句なし。将来楽しみな選手です。

 

吉開右京(西部日本)2RKO 斉木新吾(中日本)

 

Sライト級4回戦

f:id:stonemeintothegroove:20161008114037j:plain

(出典:日テレG+)

吉開は2戦2勝2KO、19歳のサウスポー。

斉木は6戦5勝5KO1敗、34歳のベテランハードパンチャーです。

強打者同士の対決。KO必至の楽しみな対決ですね。

しかし、初回から、吉開の意外にテクニカルボクシングが斉木を圧倒します。バランスのいい意外と完成度の高いボクサーですね。

ところが2ラウンドに斉木の右ストレートがカウンターで決まり、吉開がピンチに陥ります。

f:id:stonemeintothegroove:20161008114249j:plain

(斉木の右ストレートがカウンターでヒット)

俄然攻勢に出た斉木ですが、総合力で勝る吉開の左ストレートから左の返しで、斉木がダウンしました。吉開はいいパンチを打ちますね。

f:id:stonemeintothegroove:20161008115202j:plainf:id:stonemeintothegroove:20161008115221j:plain

(右ストレートから左の返し)

 

f:id:stonemeintothegroove:20161008114300j:plainf:id:stonemeintothegroove:20161008115359j:plain

 

f:id:stonemeintothegroove:20161008115409j:plain

 (ダメージは深く、カウンアウト)

吉開は、同じ2戦のキャリアでも、ライト級の小田よりかなりボクシングは洗練されていますね。このクラスは層が薄いので、十分、新人王のチャンスがあると思います。

サウスポーというのも強みですね。