読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

井岡一翔の新ライバル?は野性味あふれるボクサー ジョン・リエル・カシメロVSチャーリー・エドワーズ

▼スポンサーリンク

▼最新記事

ジョン・リエル・カシメロ(フィリピン)VSチャーリー・エドワーズ(イギリス)

IBF世界フライ級タイトルマッチ(2016年9月10日)

f:id:stonemeintothegroove:20161005125856j:plainf:id:stonemeintothegroove:20161005125902j:plain

(出典:WOWOW)

カシメロはあのにっくき反則王者、アムナット・ルエンロン(タイ)を4RKOで倒し、IBFのタイトルを手に入れています。これが初防衛戦です。

25戦22勝14KO3敗、26歳。2階級制覇王者です。

エドワーズは、アマチュアのエリートで、これがまだ9戦目。8戦全勝3KO、23歳。IBF14位です。

  

対照的なスタイルの両者

カシメロは初回からパンチを大振りし、パワフルで野性味たっぷりのボクサーです。

一方のエドワーズはさすがアマチュアのエリート。スタイリッシュで、左ジャブを放ち、軽いフットワークでカシメロの周りをサークリングします。

しかし、2ラウンドに入ると、エドワーズが声を出して、力を込めてパンチを放ち、パワフルなカシメロに対抗します。

 

しかし、この作戦はむしろカシメロに有利に働く結果となりました。

エドワーズのパンチはキレがなく、3ラウンドには、その威力もカシメロは見切ったようです。

 

中盤からカシメロのペース

さらに、エドワーズの距離、タイミングを見切ったカシメロは、思い切ってパンチを振っています。いきなりの右フックは空を切りますが、その威力はエドワーズが風で感じていたと思います。

カシメロが放った、4ラウンドの右アッパーはエドワーズにダメージを与えるとともに、完全にペースも握りました。

f:id:stonemeintothegroove:20161005134210j:plain

(この日は、このアッパーがよくヒットしていました)

エドワーズはカシメロの強引な攻撃をなんとか左ジャブでさばきますが、いかにも非力で、多少被弾してもカシメロは構わずパンチを振りまわしてきます。

フィニッシュも時間の問題かなと思われましたが、エドワーズもさすがアマチュアのエリート。ディフェンスは巧みで、フットワークも速いので、カシメロもなかなか詰め切れません。

 

8ラウンドからは一方的

8ラウンドは、明らかにカシメロがプレッシャーを強め、倒しに来ました。

ただ、カシメロの攻撃は雑で、今一つ当て勘が悪いので、逃げまくるエドワーズも何とかとどめの一発を免れています。

しかし、これもやはり時間の問題でした。エドワーズが前に出て左を放ったタイミングに合わせて、カシメロの左フックがカウンターでヒットし、ついにエドワーズがダウン。ダメージは深刻です。

f:id:stonemeintothegroove:20161005134412j:plainf:id:stonemeintothegroove:20161005134418j:plain

(エドワーズの左フックに合わせてカシメロの左フックがカウンターで決まる)

f:id:stonemeintothegroove:20161005134530j:plain

(ダメージは深刻)

立ってきましたがカシメロが連打で畳みかけると、すぐにレフリーが試合をストップしました。

f:id:stonemeintothegroove:20161005134659j:plain

 

エドワーズの9戦目が少し早い、という意見もありましたが、この非力なパンチでは所詮、世界は無理だと思います。もう、再浮上はないでしょうね。

 

カシメロはさすがアムナットをKOしただけあって、パワーは相当なものです。

井岡もまともに打ち合ったら危険ですね。

アムナットに何もできずに負けた井岡一翔。しかし、このカシメロは野性味あふれる魅力的なボクサーですが、それほど当て勘は良くないし、テクニック面では穴はありますね。

井岡の次の防衛戦の相手ははどうやら、1位のスタンプ・キャットニワット(18=タイ)が濃厚ですね。

15戦全勝6KOですが、それほど名のある相手とはまだ対戦してません。しかし、18歳というのはすごいですね。

 

カシメロは、日本で防衛戦をやるという情報がありますが、相手は不明です。

 

いずれにしても、井岡VSカシメロの統一戦はぜひ実現してほしいと思います。