読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

ホントに岩佐亮佑はこんな奴に負けたのかな? リー・ハスキンスVSスチュアート・ホール

▼スポンサーリンク

▼最新記事

リー・ハスキンス(イギリス)VSスチュアート・ホール(イギリス)

IBF世界バンタム級タイトルマッチ(2016年9月10日)

f:id:stonemeintothegroove:20161004143620j:plainf:id:stonemeintothegroove:20161004143628j:plain

(出典:WOWOW)

ハスキンスは岩佐亮佑との王座決定戦に6RTKO勝ちで、このタイトルを獲得しました。これが2度目の防衛戦です。

36戦33勝14KO3敗、32歳。

ホールは元IBF世界バンタム級王者です。

26戦20勝7KO4敗2分け、36歳。現在IBF1位です。

 

両者は2012年にも対戦しており、これが再戦となります。

この時は大差の判定でハスキンスが勝っています。

ハスキンスは以前にも書きましたが、ナジーム・ハメドの偽物みたいなボクサーで、ハメドほど反射神経も良くないですし、パンチ力は遠く及びません。

ホールは対照的な正統派の右構えのボクサーですが、特に右のパンチが手打ちで、しかも押すような打ち方なので、全くパワーはありません。

再戦ですし、かみ合わないタイプ同士。地味な判定決着は約束されたような試合ですね。

 

どちらに振り分けてもいいようなラウンドが続く

前に出てストレートパンチを繰り出すのが、ホール。ハスキンスはサウスポーですから、下がりながら左カウンターを狙います。

ホールが手を休めると、動きの速いハスキンスが軽いパンチをヒットして、ポイントを取りに行きます。

ホールの右ストレートは体が流れるので、ハスキンスに打ち終わりを狙われ、なかなか、思う様に手数が増えません。

ハスキンスも下がりながら、単発を放つだけで、こちらも手数が少ない。

 

ペースを握っているのはハスキンスかな

ハスキンスはガードを下げているので、どうしてもホールのパンチを被弾しますが、うまく距離をとって、流れを支配しているのはやっぱりハスキンスかな~。

ホールも左ジャブはまずまずですが、右が下手です。しかも攻めが単調なので、ハスキンスに読まれている感じがします。

解説の飯田さんもラウンドが終わるたびに、再三「う~ん、このラウンドはどうかな~」とうなり、振り分けるの苦労していました。とにかく採点の難しい試合です。

 

さすがのイギリス人も少し退屈?

盛り上がりもなく、スリリングなシーンもなく、毎回、同じような展開でラウンドが進んでいくだけでは、さすがに物好きな会場のイギリス人ファンも静かですね。「ちょっと休憩してメインのゴロフキンVSブルック戦に備えようかな」てな感じ見えました。

11ラウンド、序盤にホールの右フックでハスキンスがぐらつくシーンがありましたが、ホールも詰めが甘く、それ以上はハスキンスにダメージを与えることが出来ません。

終盤、ハスキンスのスタミナが切れてきた感じがしますが、何とか逃げ切ったかな。

 

判定は、微妙なラウンドを拾ったハスキンスです。3-0(115-113、117-111、116-112)。この採点に観客は大ブーイングでした。

私には引き分けにしか見えませんでした。心情的には常に攻めの姿勢を保ったアグレッシブさを買い、ホールの勝ちにしたいぐらいです。

岩佐はホントに、こんなしょーもないハスキンスに負けたのかな?