わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

英連邦Lヘビー級タイトル戦はもはやボクシングではなく相撲 カラム・ジョンソンVSウィルビーホース・シヘポ

▼最新記事

カラム・ジョンソンソン(イギリス)VSウィルビーホース・シヘポ(ナミビア)

英連邦Lヘビー級タイトルマッチ(2016年9月24日)

f:id:stonemeintothegroove:20161001131637j:plain

(出典:WOWOW)

カラム・ジョンソンは15戦全勝10KO、31歳ですが、一応イギリスのホープです。

シヘポはWBOアフリカSミドル級チャンピオンで、32戦23勝17KO8敗、34歳。

 

もみ合いではシヘポの押し相撲の勝ち

前に出るパワーは階級が下のシヘポが上でしたが、シヘポのパンチは手打ちで、とてもダメージを与えるような破壊力はありません。

しかし、ジョンソンはシヘポの押し合いに負けて、序盤はほとんどパンチを放つことが出来ません。

試合のほとんどの時間がこのもみ合いに費やされ、シヘポはホールドで2回も減点をとられる始末です。

 

ジョンソンの左フックが効果的

至近距離のもみ合いの中で、時たま打つジョンソンの右フックが、唯一ボクシングらしい場面でした。

3ラウンドのジョンソンの左フックは、かなりシヘポにダメージを与えました。

f:id:stonemeintothegroove:20161001132556j:plain

(ジョンソンのパンチはこの左フックだけ)

お互いにジャブも打たず、ただもみ合うだけで、ほとんどクリーンヒットがありませんが、この左フックでなんとかジョンソンがペースをつかみました。

一方のシヘポは前に出て押すだけで、あとはホールドぐらい。パンチはほとんど打ちません。まるで相撲取りみたいな選手です。

 

ジョンソンが右フックでダウンを奪う

押されながらも、徐々にペースをつかんだジョンソンが7ラウンドに、右フックをシヘポの後頭部にひっかけ、幸運なダウンを奪いました。

この時のカウントは、ジョー小泉さんがびっくりしたぐらい速かったですね。8カウントが4秒ぐらいでした。

f:id:stonemeintothegroove:20161001133538j:plain

(ロープダウンのような感じでしたが、ロープがなければダウンという解釈でダウンと判定されました)

このダウンは意外とダメージがあったようで、シヘポの前に出るパワーがかなり落ちてきました。

8ラウンドの左でシヘポのマウスピースを飛ばすと、もうほとんどシヘポには戦闘能力は残っていませんでした。

f:id:stonemeintothegroove:20161001134602j:plain

(ジョンソンの右フックでシヘポのマウスピースが飛ぶ)

それでも9ラウンドに最後の力を振り絞り、シヘポが左右の連打を放ちますが、すべてオープンブローで、とてもボクサーのパンチではありません。仕方がありません。相撲取りですから。

打ち疲れたところへ、この日一番のジョンソンの右フックカンターが決まり、ようやくもみ合いに終止符が打たれました。

f:id:stonemeintothegroove:20161001134718j:plainf:id:stonemeintothegroove:20161001134725j:plain

(ほぼ無防備に右を放ったシヘポに会心の右フックがカウンターでヒット)

 

英連邦Lヘビー級王者となったジョンソンですが、とても世界を狙えるような器ではありませんね。

ジャブを全く打ちませんから、いきなりの右ストレートは距離がつかめず、一発も当たりません。押し込んでくるシヘポに手を焼き、とにかく手数が少なく、クリーンヒットだけならこの試合で10発ほどしかなかったのではないかと思います。(シヘポは0です。)

シヘポは論外です。