読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わしのボクシングブログ|わしボク

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

わしボク注目の10月のカードをざっとご紹介します…辰吉寿以輝VSモンキー修平戦ほか

▼スポンサーリンク

▼最新記事

いきなり辰吉寿以輝が登場(10月1日)

f:id:stonemeintothegroove:20160925130914j:plain

石本康隆の日本Sバンタム級のタイトルマッチのアンダーカードで、後楽園ホールデビューを果たします。

東京の帝拳ジムへ出稽古に行ってるそうですね。果たしてその成果はいかに~

見違えるような成長を見たいものです。

 

Sバンタム級(フェザー級かもしれません)6回戦

辰吉寿以輝VSモンキー修平

 

5時半から開催で、2試合目。見逃さないようにしないと。(日テレG+)

 

この日は、下田昭文中澤奬も登場します。

 

 

細野悟がIBFタイトル挑戦者決定戦(10月3日)

f:id:stonemeintothegroove:20160925130927j:plain

これが世界戦4度目の挑戦になるんですね(最もこの決定戦に勝たなければなりませんが)。32歳の細野にとってはこれが最後のチャンスになるでしょう。

最近4試合がすべて判定勝利で、自慢のバズーカ砲も湿りがちです。

 

IBF世界フェザー級挑戦者決定戦

細野悟(IBF4位)VSジョナタン・バーロス(アルゼンチン:IBF3位)

 

バローズは2010年にユリオキス・ガンボアに挑戦して判定負けしています。

その後すぐ、WBAフェザー級タイトルを獲得しています。(2010年12月)2度防衛しています。

2012年にファン・カルロス・サルガドに挑戦して、判定で敗れています。

その年に、アメリカでミゲル・アンヘル・ガルシアと対戦し、初のKO負けを喫しています。

39戦34勝18KO4敗1分け、32歳。

 

パンチ力はなさそうですが、歴戦の強者ですね。細野に勝てる要素が見当たりません。

明確な判定負けでしょう。

 

赤穂亮が1年ぶりに再起戦(10月11日)

 

f:id:stonemeintothegroove:20160925132025j:plain

プンルアン・ソーシンユー(タイ)の反則攻撃で無残に散ってから1年。(正確には1年2か月)

スカッとKO勝ちして、また世界を目指しましょう!

 

54キロ契約(Sバンタム級)10回戦

赤穂亮VS勅使河原弘昌

 

ファンマロペスはまだ引退してなかった(10月8日)

ちょっと面白い試合を見つけたので、ついでにご紹介しておきます。

 

フェザー級10回戦

ファン・マルケスマヌエル・ロペス(プエルトリコ)VSウィルフレド・バスケス・ジュニア(プエルトリコ)

 

ファンマは39戦34勝31KO5敗、33歳。マイキー・ガルシアにKOされて以来、現在4連敗(すべてKO負け)中です。

驚異のハードパンチャーとして人気を博しましたが、打たれもろさを露呈してからは、あっという間にスター街道から転げ落ちてしまいました。約2年ぶりの試合となります。

バスケスは29戦24勝19KO4敗1分け、32歳。

バスケスの息子として将来を期待されていましたが、最初のつまずきは2102年にノニト・ドネアに負けたことです。

そして、2013年に、石本康隆に番狂わせの判定負けを喫してから、全く名前を聞かなくなりました。

彼もこの試合が2年半ぶりとなります。

超凡戦かダウンの応酬か、全く展開が読めません。