読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

小原佳太がリング外へ転落 王者エドゥアルド・トロヤノフスキーに2RTKO負け

▼スポンサーリンク

▼最新記事

エドゥアルド・トロヤノフスキー(ロシア)VS小原佳太

 

IBF世界Sライト級タイトルマッチ(2016年9月9日)in モスクワ

f:id:stonemeintothegroove:20160915104527j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160915104541j:plain

(出典:BSフジ)

チャンピオンのトロヤノフスキーは24戦全勝21KO、36歳。

名のある選手との対戦はありませんが、14連続KO中のハードヒッターです。

対する小原佳太は18戦16勝15KO1敗1分け、29歳。IBF3位。こちらも日本屈指のハードパンチャーです。

でも、正直な話、誰も小原が勝つとは思っていなかったと思います。

  

パワーがけた違い

初回こそチャンピオンが様子を見たため、トロヤノフスキーの攻勢をうまくさばいて、ラウンド終わりには会心の右ストレートを決めました。

f:id:stonemeintothegroove:20160915105801j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160915105810j:plain

(チャンピオンの右をもらいましたが、小原もお返しの右ストレートをヒット)

 

しかし、2ラウンドに入ると、チャンピオンがプレッシャー強め、右のフックをもらった後、トロヤノフスキーの攻勢に、なんと小原がリング外に転落してしまいました。

パワーの差が歴然としていましたね。

f:id:stonemeintothegroove:20160915110138j:plain

(この右フックが効いた)

f:id:stonemeintothegroove:20160915110221j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160915110246j:plain

(小原は王者の連打を浴び、リング外へ転落)

これで勝ったと勘違いしたトロヤノフスキーは、リング上で勝利のパフォーマンス。しかし、小原は意外としっかりした足取りで、リングに戻ってきました。

 

リング外に落ちたときのルールは団体によって違います。

WBA、WBC、JBCは20秒ルールを採用していますが、IBFとWBOはレフリーの判断、ということになっているようです。

 

したがって、この時もレフリーはカウントしていませんでした。(と思います。レフリーが映らなかったもので)

 

さあ、試合再開です。

しかし、ダメージを引きずり、なおかつ冷静さを欠いた小原には、もう反撃する力は残っていませんでした。

トロヤノフスキーの連打を浴びた小原をレフリーがすぐにストップしました。

f:id:stonemeintothegroove:20160915112250j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160915112257j:plain

f:id:stonemeintothegroove:20160915112309j:plain

リング外に落ちた時点で、勝負あった感じです。

 

近藤明広と岡田博喜

 

Sライト級は層が厚いですから、なかなか日本人が世界を狙うのは難しいですね。

IBF6位の近藤明広が、9月13日に、WBOアジア太平洋スーパーライト級王座決定戦を行い、11回1分20秒TKO勝ちを収め王座獲得に成功しました。

これでWBOの世界ランクも手に入れることが出来るでしょう。しかし、WBOのチャンピオンはテレンス・クロフォードですから、これはちょっと厳しですね。

岡田博喜もWBOの7位にいます。

とにかく、クロフォードが階級を上げるのを待ちましょう。