読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わしのボクシングブログ|わしボク

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

わしボクのパウンドフォーパウンド(最強ボクサーは誰だ!最新版)2016年9月

▼スポンサーリンク

▼最新記事

※この記事は2016年9月時のものです。最新のパウンドフォーパウンドについては下記の記事を御覧ください。

www.boxing-blog.com

 

まずはリング誌のPFPを見てみましょう

年に2回ぐらいのペースで、わしボクのPFPを発表しようと思っています。

 

一応、リング誌のPFPも参考にしなければならいでしょうね。

さて今回は、ロマゴンが大苦戦しましたから、次の更新でかなりランクを落とすでしょうが、一応最新のリング誌のPFPはまだロマゴンが1位です。

 

f:id:stonemeintothegroove:20160912132604j:plain

(出典:WOWOW)

 

1位 ローマン・ゴンザレス(ニカラグア・Sフライ級)

2位 セルゲイ・コバレフ(ロシア・Lヘビー級)

3位 ゲンナディ・ゴロフキン(カザフスタン・ミドル級)

4位 アンドレ・ウォード(アメリカ・Lヘビー級)

5位 テレンス・クロフォード(アメリカ・Sライト級)

6位 ギジェルモ・リゴンドー(キューバ・Sバンタム級)

7位 ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ・Sフェザー級)

8位 サウル・カネロ・アルバレス(メキシコ・Sウェルター級)

9位 山中慎介(日本・バンタム級)

10位 カール・フランプトン(イギリス・フェザー級)

 

私が前回、1月に書いた時点のベスト10からほとんどメンバーは変わっていませんが、7位と10位に入れ替わりがありました。

前回の7位はマニー・パッキャオ、10位はティモシー・ブラッドリーでした。

さて、先日のロマゴンの試合を評価して、次の発表でどう順位が変わるのか、楽しみです。

 

では、わしボクの候補を列挙します

軽いクラスから順番に名前を挙げていきます。

 

Sフライ級では井上尚弥、ローマン・ゴンザレスカルロス・クアドラスの3人です。

バンタム級は一応山中慎介を挙げておきましょう。

Sバンタム級はギジェルモ・リゴンドー、レイ・バルガスの2人。

フェザー級はなんとオスカル・バルデス。カール・フランプトンも一応入れておきましょうか。

Sフェザー級はもちろんワシル・ロマチェンコです。ニコラス・ウォータースも候補にします。

ライト級はフェリックス・ベルデホ

Sライト級はテレンス・クロフォードがダントツですね。

ウェルター級はケル・ブルック。これからどの階級で戦うかでかなり評価は変わってきますね。キース・サーマンも外せません。

Sウェルター級はもちろんサウル・アルバレスです。

ミドル級もゲンナディ・ゴロフキンが抜けていますね。

ダニエル・ジェイコブスも入れますか。

Lヘビー級は3人。アンドレ・ウォード、セルゲイ・コバレフ、そしてアルツール・ベテルビエフです。

ヘビー級はアンソニー・ジョシュアディオンテイ・ワイルダー

 

さて、候補を独断で並べてみますと

f:id:stonemeintothegroove:20160912132640j:plain

出典:WOWOW)

 

1位 ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ・Sフェザー級)

2位 ゲンナディ・ゴロフキン(カザフスタン・ミドル級)

3位 ケル・ブルック(イギリス・ウェルター級)

4位 井上尚弥(日本・Sフライ級)

5位 ローマン・ゴンザレス(ニカラグア・Sフライ級)

6位 アンドレ・ウォード(アメリカ・Lヘビー級)

7位 アンソニー・ジョシュア(イギリス・ヘビー級)

8位 セルゲイ・コバレフ(ロシア・Lヘビー級)

9位 アルツール・ベテルビエフ(ロシア・Lヘビー級)

10位 サウル・カネロ・アルバレス(メキシコ・Sウェルター級)

 

11位 キース・サーマン(アメリカ・ウェルター級)

12位 テレンス・クロフォード(アメリカ・Sライト級)

13位 ギジェルモ・リゴンドー(キューバ・Sバンタム級)

14位 ディオンテイ・ワイルダー(アメリカ・ヘビー級)

15位 ダニエル・ジェイコブス(アメリカ・ミドル級)

 

いや~これはめちゃくちゃ反論が出そうですね。

この際、20位まで強引に並べてみますか。

 

16位 オスカル・バルデス(メキシコ・フェザー級)

17位 レイ・バルガス(メキシコ・Sバンタム級)

18位 カール・フランプトン(イギリス・フェザー級)

19位 ニコラス・ウォータース(ジャマイカ・Sフェザー級)

20位 フェリックス・ベルデホ(アメリカ・ライト級)

 

異論が出るとしたら、ケル・ブルックでしょうが、一応ウェルター級として今回は評価しています。

1位のロマチェンコも9位のベテルビエフも完全に「好み」です。この2人はホントに大好きなボクサーです。

f:id:stonemeintothegroove:20160912132813j:plain

(大好きなベテルビエフ)

山中慎介は前回の防衛戦で「反射神経に衰え」を感じました。左ストレートも湿ってきた気がします。

ロマゴンをベスト10から外して、テレンス・クロフォードを上げてもいいですが、どうも最近の彼のサウスポーのボクシングが好きになれません。アグレッシブさが欠けているという点で評価を下げました。

ロマゴンは、仮にも1位だったわけですし、負けたわけではないので、そこを強引に評価して残しました。