読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わしのボクシングブログ|わしボク

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

チャーロ兄弟に新たな強敵が現れた! トニー・ハリソンVSセルゲイ・ラブチェンコ

▼スポンサーリンク

▼最新記事

トニー・ハリソン(アメリカ)VSセルゲイ・ラブチェンコ(ベラルーシ)

Sウェルター級12回戦(2016年7月30日)

 

f:id:stonemeintothegroove:20160906114914j:plain

(出典:WOWOW)

ハリソンは24戦23勝19KO1敗、25歳。183㎝の長身でIBF13位にランされています。

唯一の1敗は2015年7月にウィリー・ネルソンという選手に9RTKO負けしたもの。

ネルソンはWBC1位のデメトリアス・アンドレイドと対戦していますが、12RにTKO負けしています。最新のランキングではどうかわかりませんが、当時はWBC22位ということでした。

ちなみに、アンドレイドは元WBOのチャンピオンでしたね。

 

ラブチェンコは28戦27勝20KO1敗、30歳。IBF8位です。

頑丈そうなファイタータイプに見えました。

 

ハリソンのジャブで中に入れないラブチェンコ

前に出るのは背の低い(178㎝)ラブチェンコで、ハリソンは長いジャブでそれを阻みます。

しかし、2回に入ると、ハリソンのジャブが速くて強くなり、ラブチェンコが入ってくると、ハリソンの右ストレートのカウンターが迎撃します。

この右ストレートも左ジャブに引けを取らないぐらいうまい!

 

はやくも力の差が歴然としてきました。

 

ハリソンがラブチェンコの動きを見切る

ハリソンは下半身もしっかりしており、時折、前に出てラブチェンコにプレッシャーをかけます。

6ラウンドあたりから明らかに右ストレートを狙っていましたね。

左ジャブでラブチェンコを完全にコントロールして、かなり強い右ストレートを放ち、ラブチェンコに全くボクシングをさせません。

恐らくラブチェンコがヒットしたパンチは、7ラウンドのボディブローだけだと思います。防御勘も抜群です。

 

一方的な展開に

8ラウンドはハリソンがやりたい放題パンチを放っていました。

もう、右はラブチェンコの顎にロックオンされていましたね。

そして、9回。ハリソンがついに前に出て倒しに行きました。

狙いすました右が2発ヒットします。これでラブチェンコは大きく押しを落としましたが、何とか持ちこたえます。

そこへ、とどめの右ストレートをもう1発。これでラブチェンコは大きく後退し、膝をつきました。立ってきましたがレフリーがストップ。

9RTKOでハリソンが上位ランクのラブチェンコを倒しました。

f:id:stonemeintothegroove:20160906123746j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160906123756j:plain

(この2発の右でラブチェンコ大きく腰を落とします)

f:id:stonemeintothegroove:20160906124104j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160906124113j:plain

(2発目の右、別の角度から)

f:id:stonemeintothegroove:20160906124227j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160906124050j:plain

(とどめの右ストレート)

 

 

この勝利で、ハリソンはIBFのランキングを上げてくるでしょう。

IBFのチャンピオンは兄のジャーマル・チャーロです。

ハリソンは、この試合を見た限りではかなり強いし、スター候補といってもいいぐらいです。なかなか楽しみな組み合わせですね。

気になるのは、ハリソンは昨年、無名のネルソンに9RKO負けしていることですね。

試合内容が分からないのでなんとも言えませんが、さて、打たれ強さはどうなんでしょう。