わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

アドニス・スティーブンソン やっぱり最後は左! VSトーマス・ウィリアムス

▼最新記事

アドニス・スティーブンソン(カナダ)VSトーマス・ウィリアムス(アメリカ)

WBC世界Lヘビー級タイトルマッチ(2016年7月29日)

f:id:stonemeintothegroove:20160831141806j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160831141817j:plain

(出典:WOWOW)

「この選手は、とにかく左さえ当たればいいというボクシングです」とエキサイトマッチに登場するたびに、浜田剛史さんにコメントされているスティーブンソン。

でもそれほどワイルドなボクシングするわけではありません。右のジャブの使い方もうまいですし、左の距離の測定も抜群のセンスを持っています。

28戦27勝22KO1敗、38歳。27歳からボクシングを始めたということもあるのか、スピードもありフットワークも軽く、とても38歳の年齢を感じさせません。

ウィリアムスはエドウィン・ロドリゲスを番狂わせでKOして、このチャンスをつかみました。

21戦20勝14KO1敗、28歳のサウスポーです。

 

 番狂わせのロドリゲスVSウィリアムス ↓

boxing.hatenablog.jp

  

 

左打ち下ろしがヒット

スティーブンソンが 軽快なフットワークで右ジャブを放ち、初回から「早くも左のタイミングが合ってきたな」と思っていたら、ラウンド終了間際に、左の打ち下ろしがヒットし、ウィリアムスがダウンしました。

f:id:stonemeintothegroove:20160831145513j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160831145529j:plain

(決まったかな~と思いましたが、ウィリアムスはしぶとく立ってきました)

ウィリアムスは、何とかこの回はしのぎましたが、「これは早いな」という感じがしました。

しかし、2ラウンドには早くも回復したウィリアムスが、手数で反撃に出ます。スティーブンソンの左も十分警戒し、うまくかわしていました。

ノーガードで打ち合ったロドリゲス戦とは別人のようでしたね。

左のボディブローも強い

3ラウンドもウィリアムスがペースを握っていましたが、警戒していてもやはりスティーブンソンの左がヒットすると、一変に形勢が逆転します。

それでもこの日のウィリアムスはしぶとくて、ラウンド終盤には結構いいパンチを打ち返していました。

 

4ラウンドは、ガードを固め、十分警戒しているウィリアムスに対して、スティーブンソンはボディ攻撃に転じます。

これで、ウィリアムスは完全に腰が引けてしまい、強烈な左ボディでロープに下がったところへ会心の左フックを打ち込み、ウィリアムスはばったりと前のめりに崩れ落ちました。

「これは立てないな」

 

f:id:stonemeintothegroove:20160831150154j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160831150202j:plain

(ボディブローで相手のガードが下がったところへ会心の左フック)

 

3人に絞られたLヘビー級戦線

スティーブンソンの宿敵、セルゲイ・コバレフ(ロシア)は、アレクサンデル・ブランド(コロンビア)に大差判定勝ちしたアンドレ・ウォード(アメリカ)と対戦します。

 

ウォードのボクシングは手堅く、負けないボクシングをします。はっきり言って、私は好きになれないボクサーですね。

しかし、圧倒的な強さを誇るコバレフですが、最近、雑なボクシングが目立ちます。

私は、ウォードが判定でコバレフに勝つと思います。ホントにウォードは隙がありません。

さあ、スティーブンソンの左がウォードに当たるでしょうか。当たれ!