わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

ギジェルモ・リゴンドーが必殺の左で顎を砕く VSジェイムズ・ディケンズ

▼最新記事

ギジェルモ・リゴンドー(キューバ)VSジェイムズ・ディケンズ(イギリス)

WBAスーパー世界Sバンタム級タイトルマッチ(2016年7月16日)

 

f:id:stonemeintothegroove:20160831114830j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160831114836j:plain

(出典:WOWOW)

この試合は当初、3月にノンタイトルで行われる予定だったのですが、リゴンドーの入国ビザの取得に不備があり、中止になっていました。

で、その間に、リゴンドーはいつの間にかスーパー王者に復帰していたんですね。

そして、今回は晴れてタイトルマッチとして試合が組まれた次第です。ディケンズにとってはラッキーでしたが、まあ、勝たなければ意味がありませんけどね。

 

リゴンドーは16戦全勝10KO、35歳。

ディケンズは23戦22勝7KO1敗、25歳で、こちらもサウスポーです。WBA10位にランクしています。

 

いつもより真面目なリゴンドー

相変わらず無駄な動きがほとんどない、まるで爬虫類のような感じのリゴンドーですが、それでもこの日は、結構アグレッシブにパンチを繰り出していました。

特に何発か空振りした左フックは、かなり強振していました。

 

結局、この左フックを狙っていたんですね。

2ラウンドにディケンズの顎に命中。まるで、カメレオンが虫を捕獲したような動きでした。

しかし、ディケンズは体勢を崩すこともなく、もちろんダウンもしません。

そして、何事もなかったようにこのラウンドが終了しました。

ただ、リゴンドーはディケンズの異変に気付いていたのか、とにかくこの後、ほとんどパンチを打ちませんでした。

f:id:stonemeintothegroove:20160831120903j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160831120913j:plain

(速すぎてパンチの軌道が見えません)

f:id:stonemeintothegroove:20160831121007j:plain

(ジャストミートでディケンズの顎を打ち抜いています)

 

結局、この左フックでディケンズの顎が骨折したようで、ディケンズ側からギブアップの申し出があり、リゴンドーのTKO勝ちとなりました。

f:id:stonemeintothegroove:20160831121634j:plain

(外国ドラマのERをご覧の方はわかると思いますが、ディケンズは「モリス先生」に似ていますね)

f:id:stonemeintothegroove:20160831125642j:plain

(モリス先生:スコット・グライムズ)

 

次は暫定王者のフローレス?

 

リゴンドーは相変わらず、静から動への動きが速く、踏み込みの速さでは世界一かもしれません。そこから、あの強烈な左フックを放たれたら、なかなか避けられないでしょうね。

 

さて、次戦はWBA暫定王者のモイセス・フローレス(メキシコ)と対戦するように、WBAから指令が出ているようです。

フローレスは26戦25勝17kO1NC、29歳。と長身(175㎝)のオーソドックススタイルのボクサーです。

フローレスもリゴンドーとの対戦には意欲的だということですが、なんとなく物別れになりそうな気がします。

私としては、ウーゴ・ルイスやフリオ・セハ、ジョナタン・グスマンあたりのハードヒッターと対戦してほしいですね。