読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わしのボクシングブログ|わしボク

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

わしボクの気持ちはもう9月に飛んでます~ 田口良一VS宮崎亮&河野公平&井上尚弥&山中慎介&長谷川穂積

ボクシング・マッチメイク予想

▼スポンサーリンク

▼最新記事

2016年8月31日

WBA世界ライトフライ級タイトルマッチ

田口良一VS宮崎亮

f:id:stonemeintothegroove:20160826120137j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160826120144j:plain

 

WBA世界Sフライ級タイトルマッチ

河野公平VSルイス・コンセプシオン(パナマ)

f:id:stonemeintothegroove:20160826120205j:plain

 

 

詳細は以前のブログに書いております。↓

 

boxing.hatenablog.jp

 

2016年9月4日

WBO世界Sフライ級タイトルマッチ

井上尚弥VSベッチバンボーン・ゴーキャットジム(タイ)

f:id:stonemeintothegroove:20160826120355j:plain

井上は3度目の防衛戦です。10戦全勝8KO、23歳。

判定決着になったのは、当時日本ライトフライ級チャンピオンだった田口良一と前回両手を痛めたデビッド・カルモナだけです。

ライトフライ級での試合とはいえ、田口良一は大したものですね。とてもそんなタフなイメージはなかったですから、意外といえば意外です。

 

ベッチバンボーンは46戦38勝18KO7敗1分け、31歳。WBO3位です。

4年前に河野公平に判定負けしています。3年前には石田匠には2RKO負け。

しかし、その後は16連勝中です。

 

聞くところによると今度の防衛戦の相手を探すのに、世界ランカーすべてに声をかけ、OKの返事をしたのがベッチバンボーンだけだったとか。

もう、井上の相手はローマン・ゴンザレスしかいませんね。

 

まあ、この試合は井上の拳の状態だけが問題でしょう。

2ラウンドまでに強引に倒すか、7分の力で中盤以降にボディで倒すか、いずれにしても今回はKOで決着させると思います。

 

Sフライ級10回戦

井上拓真VSフローイラン・サルダール(フィリピン)

f:id:stonemeintothegroove:20160826120406j:plain

井上拓真は7戦全勝2KO、20歳。WBC世界Sフライ級5位。東洋太平洋タイトルを返上し、いよいよ世界を目指します。

サルダールは25戦23勝14KO1敗1分け、WBO世界フライ級15位。

唯一の1敗は、IBF世界スーパーフライ級王者マックウィリアムズ・アローヨに挑戦し、2RKO負けしたものです。

サルダールの詳細はわかりませんが、まあ井上拓真の勝利は間違いないでしょう。できればKO決着が望ましですね。

 

58キロ契約(Sフェザー級)6回戦

清水聡VS李寅圭(韓国)

 

井上の世界戦の前座にオリンピック銅メダリストの清水が登場します。

相手の李は韓国のフェザー級チャンピオンです。今の韓国のボクシングレベルだと、日本のB級選手ぐらいの実力でしょうね。

清水はフェザー級で世界を目指すようです。30歳ですから、次は世界ランカーと対戦するのでしょうね。

私は清水を良く知りませんが、長身のボクサータイプであまりプロ向きではないという話を耳にします。

テレビ放映があるかどうかわかりませんが、「お手並み拝見」と行きますか~

 

2016年9月16日

WBC世界バンタム級タイトルマッチ

山中慎介VSアンセルモ・モレノ(パナマ)

 

WBC世界Sフライ級タイトルマッチ

ウーゴ・ルイス(メキシコ)VS長谷川穂積

 

こちらも、詳細は以前のブログに書いております。↓

 

boxing.hatenablog.jp