読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わしのボクシングブログ|わしボク

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

※このたび、ブログURLをhttp://www.boxing-blog.comに変更いたしました。お気に入りにご登録頂いている方はご変更のほどお願いいたします。

カール・フランプトンがスキルフルなシーソーゲームを制す VSレオ・サンタ・クルス

ボクシング観戦記(海外編)

▼スポンサーリンク

▼最新記事

レオ・サンタ・クルス(メキシコ)VSカール・フランプトン(イギリス)

WBA世界フェザー級タイトルマッチ(2016年7月30日)IN USA

f:id:stonemeintothegroove:20160824152845j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160824152859j:plain

(出典:WOWOW)

サンタ・クルスは33戦32勝18KO1分け、28歳。

長谷川穂積をKOしたキコ・マルチネスに圧勝して、WBAタイトルの初防衛に成功しています。

私は。この試合でサンタ・クルスを少し見直しました。

 

 

boxing.hatenablog.jp

 カール・フランプトンは22戦全勝14KO、29歳。前WBA・IBF世界Sバンタム級チャンピオンです。

身長165㎝でリーチが短く、まさに日本人体形ですが、出入りのスピードと重いパンチでそのハンデを十分カバーしています。

 

パワーと手数ならサンタ・クルス、スピードとパンチ力ならフランプトン、かな?

 

ボクシングに対する見る目のなさを反省し、今回から「マニア」という看板を外しました。

 

目まぐるしく展開が変わる

初回はサンタ・クルスが手数で上回りました。

しかし、2ラウンドにフランプトンの左フックがテンプルに決まり、サンタ・クルスが大きく体勢を崩しました。

この一番のビッグパンチでしたね。

f:id:stonemeintothegroove:20160824154619j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160824154630j:plain

 (フランプトンの左フックがテンプルにヒット。大きく体勢を崩しロープにもたれかかるサンタ・クルス)

3ラウンドにもフランプトンが右アッパーを高いガードのサンタ・クルスの顎にねじ込み、ペースを握ったかに見えました。

f:id:stonemeintothegroove:20160824155504j:plain

 (フランプトンが距離を支配したかに見えましたが)

しかし、4ラウンドはサンタ・クルスが前に出てプレッシャーをかけ、手数で盛り返します。

 

まさにシーソーゲーム

5回6回はサンタ・クルスが手数で上回り、フランプトンが後手に回ります。

とられたら取り返す、という展開がこの後も続きます。

 

f:id:stonemeintothegroove:20160824160056j:plain

(打たれたら必ず打ち返すサンタ・クルス)

9ラウンドはフランプトンが速い動きで相手を制すと、10ラウンドはサンタ・クルスが左ジャブで少し疲れの見えたフランプトンをコントロール。

私の採点では10ランドを終了して互角でした。

11ラウンドはフランプトンが少し力を込めてパンチを打ちこむと、12ラウンドはサンタ・クルスが手数で応酬しました。

 

判定は2-0(114-114、112ー116、111-117)でフランプトンがタイトルを奪取しました。

ちなみに私の採点は114-114。

パンチの効果だけを見ると、フランプトンかもしれませんが、手数はサンタ・クルスが上回っていたように思います。

私の好みは、連打の回転が速いサンタ・クルスです。フランプトンはだんだんつまらないボクサーになっているような気がします。

 

はやくも再戦の声が上がっていますが、私は「いらんな~」です。

同じ展開がもう12ラウンド行われるだけですよ。新鮮味なし。再戦が観たかったら、今日の試合のビデオを見てれば十分です。

 

「どんな展開になるか読めない!」がボクシングの醍醐味、魅力ある対戦カードだと思います。この二人の対戦はこれっきりにしてください。

フランプトンの相手はWBOの新チャンピオン、オスカル・バルデス(メキシコ)しかないでしょうね。

私は、フランプトンのKO負けが見たい!