わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

ディオンテイ・ワイルダーが右手骨折 VSクリス・アレオーラ

▼最新記事

ディオンテイ・ワイルダー(アメリカ)VSクリス・アレオーラ(アメリカ)

 

WBC世界ヘビー級タイトルマッチ(2016年7月16日)

f:id:stonemeintothegroove:20160817114110j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160817114116j:plain

(出典:WOWOW)

5月にロシアで予定されていたアレクサンドル・ポペトキンとの試合が、ポペトキンの薬物陽性反応で中止になり、アレオーラに代役が回ってきました。

それにしても、ロシアはオリンピックといい、国全体が薬物に毒されていますね。

 

ワイルダーはこれがもう4度目の防衛戦になるんですね。

36戦全勝35KO、30歳。

 

アレオーラは世界戦3度目の挑戦です。おそらくこれが最後のチャンスになるでしょう。

43戦36勝31KO4敗1分け2NC、35歳。

右構え同士の対戦です。

アレオーラには申し訳ないですが、この試合の焦点は、ワイルダーが何ラウンドにKOするかに絞られます。二人の勢いが違いすぎます。

 

 

序盤は慎重なワイルダー

チャンピオンになってから、ワイルダーは慎重なボクシングを展開するようになりました。

この日も、速い左ジャブで1ラウンドは様子を見ました。

アレオーラはもっと慎重で、1発もパンチを放ちませんでした。

 

2ラウンドは、アレオーラがようやく前に出てパンチを放ちましたが、ワイルダーの長くて強い左ジャブに阻まれて、全くパンチがヒットしません。

この回、終盤にワイルダーの強烈なワンツーが決まり、アレオーラの顔面をカットしました。もう力の差が歴然としていました。

 

気になったのは、ワイルダーが左を構えたときに、右上腕分を押さえているようなしぐさが見られ、3ラウンドにはそのしぐさが多くなりました。

「こんな癖あったかな?左のグローブの握りを確認しているのかな」ぐらいに思っていましたが、すでにこの時点で、右腕の上腕二頭筋を断裂していたんですね。

 

3ラウンドはアレオーラがワイルダーをロープに詰めて、攻勢をかけるシーンがありましたが、終盤にワイルダーの左ジャブから右ストレートがヒットし、アレオーラの動きが止まりました。

 

f:id:stonemeintothegroove:20160817120444j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160817120416j:plain

(左ジャブでガードをはじき右ストレート叩き込みました)

 

KOは時間の問題

4ラウンド。

局面を打開しようと、アレオーラが残された力を振り絞って前に出て、攻勢をかけます。

しかし、長くは続きません。

余裕でかわしたワイルダーの強烈な右がヒットし、アレオーラの膝が揺れます。

f:id:stonemeintothegroove:20160817120804j:plain

(この右を打った時に骨折したのかな)

そして、左から右の返しでダウンを奪いました。

立ってきたアレオーラにワイルダーが襲い掛かります。

追撃のワンツーでアレオーラの体が大きく泳ぎましたが、何とかこの回を凌ぎ切りました。

f:id:stonemeintothegroove:20160817121019j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160817121106j:plain

(もうこのダウンでKOは時間の問題と思われましたが)

 

なんだかおかしいワイルダー

 

5ラウンドは誰もが、ワイルダーが仕留めに行くと思ったことでしょう。

ところが、明らかにダメージの残る動きの悪いアレオーラに対して、左ジャブしか打ちません。

6ラウンドは左ジャブの手数も減り、「疲れた?いや、これは絶対にトラブルやね。」

5ラウンドから右のパンチをほとんど打たなくなりました。打っても軽いパンチです。

「右手を痛めた」と思いました。

 

しかし、アレオーラもダメージを回復することが出来ず、ワイルダーの左ジャブで顔面を腫らし、左目はふさがりかけていました。

8ラウンドもワイルダーの左ジャブが狙い打ち状態になりました。

 

そして、アレオーラが8回終了、ギブアップ。

ふと、右手を痛めて左手一本で三浦隆司をギブアップさせた、内山高志を思い出しました。

 

ワイルダーは右手の骨折に加え、右上腕二頭筋断裂。これは重症ですね。

タイトルを奪取した時も、右手を痛めていました。

パンチのある選手の宿命ですが、これからのビッグマッチを控え、大きな不安材料となりましたね。