読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わしのボクシングブログ|わしボク

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

間違いなく今年一番の凡戦の末、ファン・カルロス・パヤノが王座陥落 VSラウシー・ウォーレン

▼スポンサーリンク

▼最新記事

ファン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)VSラウシー・ウォーレン(アメリカ)

 

WBA世界バンタム級タイトルマッチ(2016年6月18日)

f:id:stonemeintothegroove:20160816123319j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160816123326j:plain

(出典:WOWOW)

パヤノはWBAのスーパーチャンピオンです。2014年にアンセルモ・モレノに負傷判定で勝って手に入れたタイトルです。

17戦全勝8KO、32歳のサウスポーです。

 

ウォーレンは15戦13勝4KO1敗1NC、29歳のサウスポーです。

WBAのランクは12位ですが、昨年8月にパヤノのタイトルに挑み、2-1のきわどい判定で敗れたため、ダイレクトリマッチとなりました。

 

すべてのラウンドがドロー

20年前なら12ラウンドすべてが10-10で、ドロー防衛となっていたでしょうね。

 

パヤノは前に出て積極的に手を出すものの、クリーンヒットが極めて少なく、パンチも手打ちでパワーが感じられません。

ウォーレンは派手なカウンターをヒットしてきますが、ほとんどのパンチが見た目ほど芯をとらえておらず、これでは相手にダメージを与えることはできないでしょうね。

しかし、ディフェンスの勘がよく、パヤノのパンチをまともにもらうことはほとんどありません。

 

大きくくくれば、モレノ、パヤノ、ウォーレンのボクシングはほぼ同じグループに属します。

スピードはあるがパンチ力がなく、相手の力を殺し、ディフェンス技術に長けていて負けないボクシングをする、と言えるでしょう。私の最も嫌いなグループです。

 

緊迫感もなく目を見張るテクニックもなく

始まってすぐに「これは判定決着やな」と思いました。

互いスピードはあります。おそらくパンチの打ち方がおかしいのでしょう。相手のディフェンス技術が高いのもあるでしょうが、とにかくクリーンヒットが全くありません。

しいて言えば、ウォーレンの方が多少、クリーンヒットが多かったでしょうが、相手にダメージを与えるほどのヒットは1発もありませんでした。もちろん、パヤノにも。

とにかく前に出てしつこくパンチを繰り出すだけのパヤノに、見るべきものは全くありません。

時々ラッシュして派手なパンチを振るうウォーレンも、見た目ほど効果はなさそうで、すぐにスタミナ切れを起こします。

 

こんな試合は途中でストップして、ノーコンテストにしてもいいと思います。

 

懸命に振り分け採点を試みましたが、116-116が精いっぱいでした。

公式ジャッジは2-0(114ー114、115-113、115-113)でウォーレンがタイトルを奪取しました。

 

こんな選手がスーパーチャンピオンですか。

ところで、ボクシングマガジンのWBAのバンタム級ランキング表を見ますと、4位に亀田和毅がいるんですが、これからどうするんでしょうね。ジェイミー・マグドーネルに連敗してから1年近く試合をしていません。

ちなみに、ウォーレンの戦績がパヤノのままになっていますね。