読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わしのボクシングブログ|わしボク

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

猛暑の8月後半、注目の3試合 翁長吾央&金子大樹&大森将平

▼スポンサーリンク

▼最新記事

レネ・ダッケル(フィリピン)VS翁長吾央

 

東洋太平洋Sフライ級タイトルマッチ(2016年8月21日)

8月は暑いし、今年はオリンピックがあるし、高校野球もあって、プロ野球が佳境に入るし、で、好カードが最も少ない月になってしまいましたが、その中で8月後半、世界戦を除く3試合を、厳選してご紹介したいと思います。

 

ダッケルはOPBF同級の暫定王者でしたが、正規王者の井上拓真(大橋)が今月、世界挑戦に向けてベルトを返上したことで昇格しました。右ファイターで、戦績は17勝(6KO)6敗1分け。

井上には昨年12月に、ダウンを奪われ大差の判定で敗れています。

 

boxing.hatenablog.jp

 

翁長がOPBF王者になれば、世界挑戦への道筋が一気に開ける可能性もあるため、一応注目してみました。翁長の戦績は27勝(18KO)2敗2分け。

IBFでSフライ級7位、WBOではバンタム級15位にランクしています。

すでに36歳で、過去に日本タイトルに2度挑戦して失敗しています。

このラストチャンスをスカッと勝って、世界を目指してほしいですね。

 

ちなみにこの試合、沖縄テレビで放映されるそうですが、残念ながら大阪では見ることが出来ません。

 

金子大樹VS中川祐輔

60キロ契約(ライト級)8回戦(2016年8月21日)

f:id:stonemeintothegroove:20160815131334j:plain

そろそろ金子、目を覚ましてくれないかな~私はあの日本タイトルをKOで防衛していたころの金子がどうしても忘れられません。

負けましたが、内山高志からダウンを奪っています。この敗戦よりも、ジョムトーンに完敗したのがスランプの原因でしょうね。

 

金子は日本Sフェザー級4位、31戦23勝16KO5敗3分け、28歳。

中川は同級7位、15戦10勝6KO4敗1分け、31歳で、両者とも右構えです。

ここは圧倒的な力の差を見せ付けて、スカッとKO勝ちしないと、ホント話になりませんね。

 パッとしなかった前戦 ↓

boxing.hatenablog.jp

 

大森将平VSエドガル・ヒメネス(メキシコ)

バンタム級10回戦(2016年8月24日)

f:id:stonemeintothegroove:20160815131347j:plain

マーロン・タパレスにKO負けした大森にとっては、この試合は正念場になるでしょう。

ヒメネスはWBC世界バンタム級5位にランクしています。

35戦22勝16KO11敗2分け、24歳。

今年の6月にジョビー・カツマタに1RKO勝ちしていますが、KO負けも結構多いですね。

昨年8月には、リー・ハスキンスに世界戦で敗れたイバン・モラレスに判定勝ちしています。

 

boxing.hatenablog.jp

 

大森は、これに勝てば世界戦線に再浮上しますが、負けたら…えらいことです。