読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わしのボクシングブログ|わしボク

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

キース・サーマンがハイレベルな技術戦を制す VSショーン・ポーター

▼スポンサーリンク

▼最新記事

キース・サーマン(アメリカ)VSショーン・ポーター(アメリカ)

WBA世界ウェルター級タイトルマッチ(2016年6月25日)

f:id:stonemeintothegroove:20160803105232j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160803105221j:plain

(出典:WOWOW)

キース・サーマンは交通事故で負傷し、これが約1年ぶりの試合となります。

27戦26勝22KO1NC、27歳。

 

対するポーターもエイドリアン・ブローナーに勝って以来1年ぶり、つまりサーマンの回復を待っていたわけです。

どうやら二人は私生活では仲良しらしいですよ。

28戦26勝16KO1敗1分け、28歳。1敗はケル・ブルックに喫したものです。

 

 

序盤はサーマンのカウンターがさえる

ポーターがプレッシャーをかけ前に出ますが、序盤はサーマンが自分の距離でうまく戦い、随所でカウンターをクリーンヒット。ロープに詰まってもうまく足を使って回り込みます。

4ラウンドには左フックがカウンターでポーターの顔面をとらえ、大きく体勢を崩しました。

f:id:stonemeintothegroove:20160803113452j:plain

(このパンチはダメージがありました)

 

サーマンの弱点はボディ?

しかし、ポーターも負けていません。

クリーンヒットではサーマンが上回るもののポーターも打たれたら必ず打ち返し、パワーと手数で対抗。何度もサーマンをロープに詰めます。

中盤は採点の難しいラウンドが続きます。

そして8ラウンド。

ポーターの強烈な左ボデーブローで、サーマンはたまらず後退します。

ジョーさんいわく「サーマンは以前からボディに弱点があるといわれていましたね」

f:id:stonemeintothegroove:20160803114123j:plain

(このボディブローは明らかに効きました)

 

終盤はサーマンが盛り返す

9ラウンドを終わってほぼ互角の展開です。

しかし、サーマンの真価はここからです。

10ラウンドはサーマンが攻勢に出ました。

左フックでポーターは大きく対戦を崩しました。あわやダウンか思われましたが、何とか持ちこたえ、すかさずサーマンが左右のフックで追撃しました。

f:id:stonemeintothegroove:20160803115445j:plain

 

(この左フックでポーターは大きく体勢を崩しました)

ややポイントをリードした感がありましたが、サーマンは最後まで勇敢に打ち合います。もちろんポーターも負けてはいません。

お互い一歩も譲らない打ち合いの中、試合終了のゴングが鳴らされました。

 

私は10-10を2回つけましたので、116-114でサーマン。

公式ジャッジは3-0(3者とも115-113)。

 

クリーンヒットの数では圧倒的にサーマンですが、攻勢と手数はパワーに勝るポーターが上でした。

ポーターが勝っていたという声もありますが、サーマンの勝利が妥当だと思います。

しかし、ポーターは決して評価を落としていませんね。

むしろ、ボディの弱点を露呈したサーマンの方が問題かもしれません。

サーマンの次戦は暫定王者のダビッド・アバネシアン(ロシア)との統一戦になりそうです。