読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

サバイバルマッチを激戦で制す!ジョージ・グローブス VSマーティン・マレー

▼スポンサーリンク

▼最新記事

ジョージ・グローブス(イギリス)VSマーティン・マレー(イギリス)

WBAインターナショナルSミドル級タイトルマッチ(2016年6月25日)

f:id:stonemeintothegroove:20160727145241j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160727145248j:plain

(出典:WOWOW)

WBAにもインターナショナルタイトルがあったんですね。まあ、WBAは何でもありですけど。

チャンピオンのグローブスといえば、カール・フロッチとの第1戦で初回に強烈なダウンを奪い、あわやKO勝ちかと思わせた試合が印象に残っています。残念ながら9RTKOに敗れてしまいました。

WBC王者のバドゥ・ジャック(スウェーデン)にも敗れ、さらにマレーにも負けることがあれが、完全に世界戦線から離脱してしまいます。

26戦23勝18KO3敗、28歳。WBA4位にランクしています。

 

boxing.hatenablog.jp

 

 

マレーも怪しげなWBA暫定ミドル級タイトルは獲得しましたが、正規の世界戦では3連敗。でも相手がすごいです。

セルヒオ・マルチネス、ゲンナディ・ゴロフキン、アルツール・アルバハム。

中でもゴロフキン戦は大健闘し、11Rまで持ちこたえました。

 

boxing.hatenablog.jp

 

37戦33勝16KO3敗1分け、33歳。WBC10位にランクされています。

 

 

序盤はフェイントの掛け合い

「緊迫感があって好きだ」という人が結構いますが、私は、このけん制しあってパンチを出さないボクシングは大嫌いです。

序盤は手数で若干上回ったグローブスがポイントを拾いましたが、マレーが4ラウンドからエンジンがかかり、プレッシャーをかけて前に出ます。

一進一退の攻防で前半を終わりました。

 

パンチ力はグローブスが上

中盤は退屈な攻防が続き、少しウトウトしていました。

すると7ラウンドの終盤に、グローブスの左アッパーがガードの高いマレーの隙間を打ち抜き、ダウンこそしませんでしたが、マレーに深刻なダメージを与えました。

同時に私もこの一発で目が覚めました。

 

f:id:stonemeintothegroove:20160727145713j:plain

(この左アッパーが試合の流れを一瞬にして変えました)

当然8ラウンドにグローブスが倒しに来ました。ダメージの残るマレーはひたすら逃げ回り、このラウンドを回復に費やしました。

 

グローブスが打ち疲れで失速

KOを逃したグローブスは完全にスタミナ切れ。今度はマレーの逆襲です。さすが、ゴロフキンとあわや判定か、というところまで粘っただけはありますね。マレーはタフでスタミナがあります。

この回はマレーがポイントをとったな、と思ったラウンドの終盤に、グローブスのワンツーがきれいにヒットし、マレーはロープに吹き飛ばされ、ダウンしたかに見えましたが、どうやら手はつかなかったようです。

f:id:stonemeintothegroove:20160727150641j:plain

 

(マレーはやはりパンチがありますね)

10、11ラウンドはさすがにお互いに疲れて、特にグローブスはもうステップが怪しいし、パンチもスピードがありません。

f:id:stonemeintothegroove:20160727152049j:plain

(マレーのパンチもヒットしますが、若干オープンブローなのが残念)

 

しかし、グローブスも根性がありますね。

最終回にまた猛ラッシュを見せ、マレーをストップ寸前まで追い込みますが、疲れすぎて追撃が出来ず、ゴング。

f:id:stonemeintothegroove:20160727152459j:plain

(ストップかなと思いましたが、このあとのグローブスの追撃のパンチが空振りをし、体勢を大きく崩してしまいました)

3-0(3者とも118ー110)。グローブスが明確な判定で、サバイバルマッチを制しました。

私は10-10を2回つけましたので、118-112。

 

Sミドル級はそれほど強いチャンピオンがいませんので、グローブスは十分チャンスがあると思います。

IBF王者のジェームス・デケール(イギリス)あたりと同国人対決なんて、イギリスファンは大喜びじゃないでしょうか。

でも、私は退屈な試合になるような気がしますけどね。