わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

詳報)再び世界へ!岩佐亮佑VSパトムシット・パトムポン &ホープ萱沼徹平VSアンドリュー・パラス

▼最新記事

萱沼徹平VSアンドリュー・パラス(フィリピン)

フェザー級6回戦(2016年7月12日)

f:id:stonemeintothegroove:20160719135502j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160719135509j:plain

(出典:日テレG+)

新人王獲得後の初戦は左フック一発で、わずか1ラウンド43秒KOで勝利し、強打を見せつけましたが、今回のパラスは12回戦も経験しているしぶとい相手です。しかも、初めての外国人相手です。

 

萱沼は日本フェザー級14位、8戦7勝5KO1分け、22歳です。

パラスは、11戦5勝2KO5敗1分け、22歳。

 

 

萱沼の動きはいつものようにきびきびして、体にスピードとばねを感じますね。

f:id:stonemeintothegroove:20160719140500j:plain

フィリピン人ボクサーはボディが弱いと思ったのか、初回からKOを狙って、左ボディで強引に攻めます。

2ラウンドに萱沼が鼻血を出し、前に出て試合をコントロールしているものの、若干苦しい試合展開を強いられます。

 

中盤は、鼻血の影響からか、萱沼がしぶといパラスを攻めあぐね、パラスも左ジャブで応戦します。萱沼がペースを握りながらも互角の展開になってきました。

 

しかし、萱沼にとっては未知のラウンドの5回に入ると、また萱沼が左ボディとアッパーでバラスを圧倒し、最終6ラウンドは終盤猛攻を見せました。あと一歩倒し切れなかったものの、見せ場を作りました。

 

萱沼は左ジャブが少ないですね。今日は上下の打ち分けも少なく、課題を残しましたが、最後までKOを諦めなかった勝負根性だけは素晴らしいと思います。

 

  正木脩也VS島倉裕也

ライト級8回戦(2016年7月12日)

f:id:stonemeintothegroove:20160720122236j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160720122240j:plain

(出典:日テレG+)

この日のセミファイナルに、帝拳ジムのホープ、正木が登場しました。4戦4勝2KO、22歳です。

相手の島倉も10戦7勝3KO1敗3分け、21歳。

 

1ラウンドは正木が、自分の距離を保ち、前に出る島倉をうまくさばいていました。

しかし2ラウンドに入ると、島倉がプレッシャーを強め、距離を詰められます。

クリーンヒットの数では正木ですが、島倉は前に出て手数で上回ります。

 

5ラウンドぐらいから、ようやく正木がペースを取り戻し、左ボディから左右フックを放ち、島倉の前進をうまくさばきます。

終盤はお互いに疲れが見え、さすがの島倉もプレッシャーが弱くなってきました。

最終回は、正木が猛攻を見せ、島倉はストップ寸前まで追いつめられましたが、ゴングに救われました。

3-0(79-74、79-73,79-73)の大差で正木が判定勝利をものにしました。ちなみに私の採点も79-93でした。

正木はライト級にしてはパンチ力がないですし、もう少しフィジカル面でのパワーアップも必要ですね。

 

岩佐亮佑VSパトムシット・パトムポン(タイ)

56キロ契約フェザー級10回戦(2016年7月12日)

f:id:stonemeintothegroove:20160720124421j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160720124427j:plain

(出典:日テレG+)

岩佐は23戦21勝13KO2敗、26歳のサウスポー。

IBF世界フェザー級10位のパトムシットは20戦15勝5KO5敗の平凡な戦績で、天笠尚には判定負けしています。

一応、一度もKO負けがない!という34歳、サウスポーです。

 

この日の岩佐はいつになく落ち着いていました。この冷静さが世界戦であればな~と。

パトムシットは右ジャブでけん制してきます。岩佐はそれを落ち着いてさばき、パトムシットの距離を測っています。

ラウンド終盤に、岩佐が右ボディを決め、これがかなり効いた感じでした。

f:id:stonemeintothegroove:20160720125254j:plain

(右ボディがみぞおちに決まる)

 

2ラウンドに入ると、パトムシットが前に出て、強引に大きなパンチを振り回しますが、岩佐をこれを冷静にさばきます。

そして、2分過ぎに、左ボディブローでダウンを奪いました。

f:id:stonemeintothegroove:20160720125541j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160720125546j:plain

(パトムシットはボディをもらうと、しばらくしてからしゃがみ込むようにダウン)

 

この日の岩佐が見事だったのは、ボディが効いて頭が下がるパトムシットに、狙いすましたように右アッパーをヒットしたことです。

いつもなら強引にボディを攻めまくるところですが、冷静に相手を見て、一味違う岩佐を見せてくれました。

f:id:stonemeintothegroove:20160720131319j:plain

 (狙いすました右アッパー。このパンチは見事でした)

2発目のアッパーは左。そしてとどめのアッパーも左。もう完璧な畳みかけでした。パトムシットをほめるとしたら、このアッパーを村いながら、2度立ってきたことぐらいですね。

この選手が、世界10位なのが不思議でなりません。

f:id:stonemeintothegroove:20160720131412j:plain

 (この左アッパーは、パトムシットがもう立ってこないのでは、と思うような倒れ方でした)

f:id:stonemeintothegroove:20160720132721j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160720132729j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160720132736j:plain

(とどめの左アッパー。さすがにもう立ってきませんでした)

 

今日(2016年7が20日)、和氣慎吾がIBFのSバンタム級タイトルをとったら、ぜひ岩佐と防衛戦をやってほしいですね。

そのためにも、和氣に「つくりものの21勝21KO」のジョナタン・グスマンの化けの皮をはがしてもらいたいと思います。