読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

速報)岩佐亮佑 1階級上の世界ランカーにKO勝ち VSパトムシット・パトムポン

▼スポンサーリンク

▼最新記事

岩佐亮佑VSパトムシット・パトムポン(タイ)

 

フェザー級(56キロ契約)10回戦(2016年7月12日)

f:id:stonemeintothegroove:20160713110802j:plain

このカードを「ボクシングマガジン」で見たとき、「そろそろ世界を狙わなあかんのに、タイの観光ボクサーなんかとやってる場合かな~」と思っていたのですが、パトムシットはIBF10位の世界ランカーだったんですね。

 

岩佐は昨年6月にイギリスでリー・ハスキンスのIBF世界バンタム級タイトルに挑戦しにTKO。これが再起第三戦です。

Sバンタム級に階級を上げて、再度世界挑戦を狙っています。

21勝13KO2敗、26歳のサウスポーです。

 

パトムシットはIBFフェザー級10位で、KO負け経験のないタフなボクサーという触れ込みですが、昨年6月に天笠尚と対戦し、大差判定負けしています。

20戦15勝5KO5敗の平凡な戦績のサウスポーです。なぜIBF10位にランクしているのか、不思議です。

岩佐、サウスポーを克服?

 

 岩佐は前回、サウスポー相手に距離がうまくつかめず、苦戦した記憶があります。

左ストレートの距離が合わず、結局ボディを攻めて、地力の差で相手の心を折った感じの結末でした。

 

boxing.hatenablog.jp

 

今度も56キロ契約で、相手もサウスポー、そしてタフだけが自慢の「一応世界ランカー」です。

「てこずりそうやな」と若干心配していましたが、杞憂に終わりました。

 

2ラウンドに得意の左ボディブローで早くもダウンを奪い、3ラウンドには、ボディが効いて頭が下がったところへ、まず、右アッパーでダウンを奪い、今度は左アッパーでこの回2度目のダウンを奪いました。そしてとどめも左アッパーで、テンカウントを聞かせ、3回2分17秒、KO勝ち。

 

ちょっと強引な感じもしますが、7月18日にCSで録画放送されますので、じっく検証し、続報を掲載したいと思います。