わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

ゲンナディ・ゴロフキンの相手はアルバレスではなくケル・ブルック

▼最新記事

ゲンナディ・ゴロフキン(カザフスタン)VSケル・ブルック(イギリス)

 

統一世界ミドル級タイトルマッチ(2016年9月10日)IN ロンドン

f:id:stonemeintothegroove:20160710124228j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160710124235j:plain

(出典:WOWOW)

まさかまさかの対戦カードです。私にとってはサウル・アルバレスよりも面白いと思っています。

ご存知の通り、ゴロフキンはミドル級の世界チャンピオンです。

一方、ブルックは2階級も下のウェルター級の世界チャンピオンです。

その差約6キロ。

一応体格を調べて見ました。

ゴロフキンは身長179㎝、リーチ178㎝、デビューの最初からミドル級で戦っています。

ブルックは身長、リーチともに175㎝。こちらもプロデビューからずっとウェルター級ですね。

戦績は、ゴロフキンが35戦全勝32KO、34歳。

ブルックは36戦全勝25KO、30歳。

無敗対決です!

 

 

サウル・アルバレスVSアミール・カーンとレベルが違う

 

2階級差の対決で比較されているのが、アルバレスVSカーンですが、これは全くレベルが違いすぎます。

まず、カーンとブルックでは力量が違いすぎます。ブルックならウェルター級で戦っても、アルバレスよりももっと楽にKOしていたと思います。

しかも、この試合は純粋のミドルウエイトではなくキャッチウエイトで、Sウェルター級に限りなく近い体重でした。

ゴロフキンはナチュラルなミドル級のボクサーですから、キャッ チウエイトでは対戦しないでしょう。

 

boxing.hatenablog.jp

今までに何度も同じことを言っていますが、ケル・ブルックはウェルター級では頭一つ抜けた存在です。リング誌のPFPでは顔を出していませんが、私のベスト10には欠かせない存在です。(ちなみに井上尚弥が最新のPFPで10位にランクインしています)

これは内山が負ける前の私のベスト10です。

1位 セルゲイ・コバレフ (ロシア)

2位 ゲンナディ・ゴロフキン(カザフスタン)

3位 ローマン・ゴンザレス(ニカラグア)

4位 井上尚弥(大橋)

5位 テレンス・クロフォード(アメリカ)

6位 サウル・アルバレス(メキシコ)

7位 ケル・ブルック(イギリス)

8位 山中慎介(帝拳)

9位 内山高志(ワタナベ)

10位  ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)

 

ブルックがPFPに登場しないのは、名のあるボクサーとの対戦が少ないからでしょう。

2014年に当時無敵だったショーン・ポーターに判定勝ちしています。ポーターはキース・サーマンと引き分けに近い判定負けで、まだまだ存在感を誇示しています。

 

さてどちらが勝つのか

絶対的に有利なのはもちろんゴロフキンでしょう。

ミドル級で戦うわけですから、パワーではブルックに利はありません。しかも体格面でもゴロフキンが一回り大きいと思います。

ただし、2015年5月16日WBA世界ミドル級2位で北米ミドル級王者の指名挑戦者ウイリー・モンロー・ジュニアと対戦したときに、体調不良だったのか、ボディに弱点があるのを露呈してしまっています。

 

boxing.hatenablog.jp

 ついでに私の戦闘能力比較表では、ブルックが勝っているのは、スピードだけです。

階級 選手 パンチ力 スピード テクニック スタミナ 打たれ強さ アグレッシブ
ミドル ゲンナディ・ゴロフキン 11 8 9 8 7 9 52
ウェルター ケル・ブルック 9 9 9 8 7 7 49

 

 さて、ブルックが2階級上げてこのスピードを維持できるのでしょうか。

ブルックは堅実で隙のないボクサーです。負ける姿を想像できないボクサーの一人です。

大胆予測~

ブルックがボディブローでゴロフキンを苦しめ、判定勝ち!