わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

私の本棚は図書館です

▼最新記事

今週のお題「わたしの本棚」

年間100冊ぐらい読みますが家に本棚はありません

読むのはほとんど小説で、社会人時代でも「ハウツー本」はほとんど読んだことがありません。

たまに「ハウツー本」を買って読みますが、100%がっかりしますね。タイトルばっかり立派で内容はほとんどありません。「本代返せ!」と言いたくなるぐらいひどいものです。私はハウツー本を「泥棒本」と呼んでいます。

f:id:stonemeintothegroove:20160710102839j:plain

一番好きなのは「本格推理小説」でしたが、この10年ほどは本格にこだわらなくなりましたね。

 最近では、推理にもこだわらなくなってきて、小説なら何でも読むようになりました。

 

 

ただ、年間100冊となると、新品の本を買うわけにはいきません。

500円の文庫本でも、500円×100=5万円

私は1冊の本をじっくり丁寧に読むタイプではありませんので、年間5万円も本代に費やすわけにか行きません。

f:id:stonemeintothegroove:20160710102816j:plain

 読んだ本の内容は、1年経ったらすっかり忘れています。

昔は同じ本をよく間違って買いました。すぐに気が付くこともありますが、半分ぐらい読まないとわからない時もあります。記憶力ゼロですね。

同じ本を3冊買ったこともあります。

読んでしまった本は私にとってはゴミ

一回読んでしまった本はもうゴミでしかありません。

新聞と一緒です。

 

とてもかさばるゴミですので、BOOK OFFとかに売りに行ったり、親兄弟に譲ったり、とにかく邪魔になるので、何らかの方法で処分します。

 

当然、本棚なんてありません。

あれは地震の時に一番危険な家具に変身します。

重いので、家自体にも負担をかけます。

私には本棚を持つことにメリットを感じません。デメリットしか思いつきません。

 

一番良い本棚は図書館です

自分の家に図書館を作るわけではありません。

公立の図書館のことです。

私の場合は堺市立中央図書館です。本当に助かっています。ありがとございます!私の本棚さん。

f:id:stonemeintothegroove:20160710102859j:plain

最近の私の本の調達方法の90%は、図書館です。一番素敵なのは無料だということ。

そして、読み終われば返却しなければなりませんので、不要な在庫を持つ必要がありません

問題点は、新刊本がなかなか手に入らないことぐらいですね。

でも15冊予約ができますので、比較的予約数の少ない本を選べば、結構新しい本を読むことが可能です。

比較的近くに母校の大学の図書館がありますが、ここは駐車場が(本を借りる目的では車は入れてもらえません)ないので、最近はほとんど利用していません。

 

 

必要な本があれば図書館に行けばいいですし、ネットで調べることも可能ですし、その本を所持していなくても、いくらでも手段はあります。

 

「読んでしまった本はゴミ」が私の人生哲学ですから、なぜ本棚がいるの理解できません。