読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わしのボクシングブログ|わしボク

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

チャーロ兄弟 双子で同時王者 ジャーメル・チャーロVSジョン・ジャクソン

▼スポンサーリンク

▼最新記事

ジャーメル・チャーロ(アメリカ)VSジョン・ジャクソン(バージン諸島)

WBC世界Sウェルター級王座決定戦(2016年5月21日)

f:id:stonemeintothegroove:20160621131649j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160621131655j:plain

(出典:WOWOW)

先に登場したのは弟のジャーメルです。

27戦27勝12KO、26歳、WBC1位にランクされており、フロイド・メイウェザーの引退に伴い空位になったWBCタイトルの王座決定戦に臨みます。

兄のジャーマルが「力の選手」なら弟のジャーメルは「テクニックの選手」です。

それにしてもややこしいですね。試合とは関係ないですが、どちらか、リングネームを変えた方がいいと思いますよ。

 

相手はジュリアン・ジャクソンの息子、ジョン・ジャクソン。

22戦20勝15KO2敗、27歳。WBC2位です。

ジャクソンは、アンディ・リーに逆転KO負けした試合が印象に残っていますね。あの試合、完全にジャクソンが勝ったと思いましたが、無防備で攻め込みカウンター1発で沈みました。

 

浜田剛史さんが「ジャクソンは勝っても負けてもKOでしょう」というのも頷けます。

 

 

ジャクソンが距離を支配

前に出てプレッシャーをかけるのはジャーメルですが、距離が合わないのか、ジャクソンのパンチを警戒しすぎているのか、パンチが届いていません。

ジャクソンは自分の距離で戦い、ジャーメルの打ち終わりを狙い、うまくカウンターをヒットしてポイントをリードします。

f:id:stonemeintothegroove:20160621134105j:plain

序盤戦は、ペースはジャーメルが支配し、距離はジャクソンが支配するという感じでした。

ジャクソンはもっと好戦的なファイターという印象がありましたが、この日は完全にアウトボクサーでしたね。

 

中盤から強引に攻めるジャーメル

5ラウンドに入ると、ジャーメルはさらにプレッシャーを強め、強引にパンチを繰り出します。

f:id:stonemeintothegroove:20160621134117j:plain

(5回にようやくジャーメルのパンチがヒット)

6ラウンド終了時点ではおそらくジャクソンがポイントリードしていたでしょうが、決してジャクソン余裕があるようには見えませんでした。

ポイントを挽回しようと、7ラウンドには、さらにジャーメルがプレッシャーを強めました。

一方のジャクソンはカウンターを狙うものの、パワーに押されだんだん手数が減ってきました。

タイミングが合ってきた8回。ジャーメルの右フックがジャクソンの目にヒットし、なんとジャクソンが無防備に横を向いてしまいました。

f:id:stonemeintothegroove:20160621135321j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160621135403j:plain

(渾身の右がジャクソンの目にヒット)

 

f:id:stonemeintothegroove:20160621135337j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160621135559j:plain

(目を気にして横を向いたジャクソンにジャーメルがかかります)

猛然とジャーメルが襲い掛かり、完全に戦意喪失した感じのジャクソンはコーナーにもたれかかり、レフリーがストップしました。

f:id:stonemeintothegroove:20160621135614j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160621135619j:plain

(完全に後ろを向いてしまったジャクソンをレフリーが救い出します)

フィジカル面で勝るジャーメルが、最後は力でねじ伏せたような感じでしたが、「テクニックのジャーメル」にしては距離感も当て勘も悪かったように思います。

メインで登場する兄ジャーマルの方がすべておいて上ですね。

 

ジャクソンは階級を下げて、ウェルター級で戦った方が力が出せるような気がします。

とにかく、この階級ではチャンスはめぐってこないでしょう。