読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わしのボクシングブログ|わしボク

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

ルシアン・ビュテの左アッパー不発 VSバドゥ・ジャック

▼スポンサーリンク

▼最新記事

バドゥ・ジャック(スウェーデン)VSルシアン・ビュテ(ルーマニア)

WBC世界Sミドル級タイトルマッチ(2016年4月30日)

f:id:stonemeintothegroove:20160617115603j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160617115635j:plain

(出典:WOWOW)

チャンピオンのジャックは20勝12KO1敗1分け、30歳。唯一の1敗は1RKO負けらしいですよ。

浜田さんのジャック評は「顔面を打たれれることを極端に嫌がる選手です。がっちりガードして、パンチは単発。打たれる危険性のある連打は打ちません」

 

久しぶりに登場したビュテは32勝25KO3敗、36歳になるんですね。イギリスに乗り込んで、カール・フロッチに惨敗してから低迷しています。WBC7位にランクしています。

この選手、前から思っていたんですが、リーチが短かく胴が長い、白人にしては結構不細工な体形をしてますね。身長186㎝でリーチが185㎝しかありません。

ジャックは身長184㎝ですがリーチは191㎝あります。

ジャックが地味なボクシングでポイントを稼ぐ

序盤、ジャックは左ジャブを多用し、サウスポーに対していきなりの右をボディにヒット。ボクシングのお手本ような堅実なボクシングを展開します。

一言でいうと「地味!」

ただ、左フックのあと肘を当てたり、右のボディショットはベルトラインすれすれを狙うなど、結構小ずるいテクニックも使います。

この日のレフリーはしっかり注意を与えていましたが。

f:id:stonemeintothegroove:20160617120418j:plain

 

 

(右ボディはベルトすれすれかもう少し下のパンチが目立ち、これが結構ビュテのガードを下げさせるのに有効でした)

ジャックは決してパンチを強振せず、コンパクトに当てることに専念。軽いパンチをヒットさせ、中盤のラウンドを支配しました。

唯一強振したのは、5ラウンドに、サウスポーにスイッチして打ち込んだ左クロスだけでした。

f:id:stonemeintothegroove:20160617121033j:plain

(この日のジャックのベストパンチ)

 

終盤ビュテが追い上げるが

常に前に出てパンチを出してたビュテですが、的中率が悪く、中盤は少し手数が減って、明らかに攻めあぐねていました。

終盤に少し手数の減ったジャックに対して、ようやくビュテが反撃に転じましたが、ボディが効いているのか、ジャックの右ボディがヒットすると動きが止まってしまいます。

結局最後までビュテの必殺の左フックは不発に終わり、不完全燃焼の12ラウンドが終了しました。

Sミドル級とは思えない軽いパンチの応酬で、最初の3ラウンドぐらいで「絶対にKO決着はない」と確信できるほど盛り上がりに欠ける試合でした。

1-0(117-111、114-114、114-114)のマジョリティドローでしたが、私は明確にジャックが勝っていたと思います。テクニックで一枚上手でした。

 

それにしても、Sミドル級の各団体のチャンピオンは押しなべて地味ですね。

WBAのフェリックス・シュトルム、ジョバンニ・カロリス、IBFのジェームス・デケール、WBOのヒルベルト・ラミレス。

カール・フロッチ、カムバックしないかな。

村田諒太、このチャンピオンたちなら危険なパンチがないから、とりあえず安心して戦えますよ。勝てるんじゃないかな~