わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

田中恒成 意外とてこずってましたね VSレネ・パティラノ

▼最新記事

田中恒成VSレネ・パティラノ(フィリピン)

フライ級(50キロ契約)10回戦(フライ級のリミットは50.8キロ)

f:id:stonemeintothegroove:20160615120302j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160615120309j:plain

(出典:TBSチャンネル2)

田中恒成は6戦6勝3KO、20歳。WBO2位。

レネ・パティラノは18戦15勝7KO1敗2分け、24歳。IBF10位にランクされており、今までダウン経験なしのしぶといタフファイターです。

 

 

相変わらずディフェンスが雑

 

リング上で対峙すると田中が一回り大きく見えます。

初回のジャブの差し合いでは、まだ距離をつかんでいない田中が、結構パティラノの軽い左を無造作に受けるシーンが気になりましたね。

 

f:id:stonemeintothegroove:20160615121149j:plain

 

(パティラノの右アッパー)

 

しかし、2ラウンドに入るとスピードに勝る田中のジャブが的確にヒットし出します。

f:id:stonemeintothegroove:20160615121140j:plain

(スピードは田中が圧倒)

3ラウンド早々、ペースを取り戻そうとパティラノが強引に攻めてきましたが、田中は冷静に対処し、左ボディブローを効果的にヒット。4ラウンドには左アッパーでパティラノの動きが止まりました。

f:id:stonemeintothegroove:20160615121226j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160615121216j:plain

しかし、パティラノはしぶといですね。5回にはかなり強烈なボディが決まっていましたが、田中の打ち終わりを狙い反撃してきます。

 

6ラウンドキラーと呼んで

パワーもスピードも上回り、完全にペースを握りながらも、なかなかダウンを奪えない田中でしたが、6ラウンドに勝負に出ました。

左ジャブから右ストレートを顔面に打ち込み、強烈な左ボディの連打でようやくパティラノの心を折りました。

f:id:stonemeintothegroove:20160615123108j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160615123114j:plain

(ボディから顔面への連打でようやく心が折れました)

体の柔らかいパティラノには、顔面へのパンチではなかなかダメージを与えることが出来ませんでしたね。

それと田中のガードが低い気がします。

しかし、倒しに行って10カウントを聞かせたのは、大したものだと思いますし、ボディブローはうまいですね。ボディの打ち合いではパティラノを圧倒してました。

f:id:stonemeintothegroove:20160615125022j:plain

(ほとんど打たれた跡がない試合後の田中。インタビューで「6ラウンドキラーと呼んでください!」)

(目の上の傷はおそらくバッティングによるものだと思います)

 

試合後、田口良一にラブコールを送っていましたが、WBAが挑戦者に宮崎亮を指名しましたので、残念ながら対戦は実現しません。

私は木村悠に勝ったWBCのカニガン・ロペスをお勧めします。田中ならボディで倒せると思います。

ただ、田中は軽いパンチを無造作にもらう癖がありますので、「当て逃げ」みたいなせこいボクシングをされるとすこし厄介かもしれません。