読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わしのボクシングブログ|わしボク

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

フィリピンの閃光 左フックで凱旋KO ノニト・ドネアVSゾルト・べダック

▼スポンサーリンク

▼最新記事

ノニト・ドネア(フィリピン)VSゾルト・べダック(ハンガリー)

WBO世界Sバンタム級タイトルマッチ(2016年4月23日)in フィリピン

 

f:id:stonemeintothegroove:20160608120756j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160608120802j:plain

(出典:WOWOW)

ドネアは前回、あわや逆転KO負けのピンチを辛うじてしのぎました。

 39戦36勝23KO3敗、33歳。

boxing.hatenablog.jp

ゾルト・べダックはWBO4位、26戦25勝8KO1敗、32歳。 

唯一の1敗は2010年5月に、ウィルフレッド・バスケスJr.の持つWBO世界スーパーバンタム級王座へ挑戦し、10回TKO負けを喫したものです。

 

 

コンパクトなボクシングを展開

ドネアは、いつもながらのゆるい体つきで、動きにキレはありませんが、力任せの相手をねじ伏せるような大振りのパンチは影を潜め、左ジャブを丁寧に突き、落ち着いたスタートを切りました。

 

しかし、2回に入るとある程度相手との距離、パンチを見切ったようで、1分30秒、伝家の宝刀の左フックでべダックは大きくぐらつき、続く右フックは空振りしましたが、左アッパーが見事にヒット。

はやくもべダックはダウンを喫しました。

f:id:stonemeintothegroove:20160608123051j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160608123057j:plain

(相変わらずドネアはパンチがありますね。この2発でほぼ試合の行方は決まりました)

いつもと違うのはここからの攻撃です。落ち着いてコンパクトなパンチを集め、ゴング終了間際にもう一度ダウンを奪いました。

f:id:stonemeintothegroove:20160608123426j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160608123540j:plain

(べダックの右フックをかわし、左フックをカウンターで決めます)

f:id:stonemeintothegroove:20160608123553j:plain

(ゴングに救われましたが、次の回は不要でしたね)

 

カウントの途中でゴングが鳴らされ、レフリーがタイムキーパーに注意していましたね。

ジョー小泉さんが「レフリーがカウント中に3分が過ぎても、途中で鳴らしてはいけないです」と苦言。

 

この日のドネアの左アッパーはキレがありました。

左フックよりもこのアッパーを多用していました。ガードの面ではかなり危険なパンチですが、これだけ力量差があれば問題ないでしょう。

最後はべダックが膝を折るようにダウンし、レフリーが試合をストップしました。

f:id:stonemeintothegroove:20160608124854j:plain

今日のドネアならこれ以上戦っても、べダックに逆転のチャンスはめぐってこなかったと思います。

ところでSバンタム級のギジェルモ・リゴンドーはどうしたのでしょうね。再戦したら今度は勝てるかな?リゴンドーのKO負けをぜひ見たいのですが。