読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わしのボクシングブログ|わしボク

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

キンシャサの奇跡から42年 モハメド・アリVSジョージ・フォアマン…パンチドランカーになった理由

▼スポンサーリンク

▼最新記事

モハメド・アリVSジョージ・フォアマン

Muhammad Ali NYWTS.jpg

1974年10月30日。ザーイル共和国(現在のコンゴ民主共和国)のキンシャサで世界ヘビー級タイトルマッチが行われました。

私はこの当時、大学生で、試合は日本でもテレビ放映されました。ただ平日の午前中だったので、当然のように授業を自主休業し、テレビにかぶりついてみました。

たしか、その日の午後からも再放送があったと思います。私の記憶では大学の学生会館のテレビで見たはずです。

 

 

ロープ・ア・ドープ

当時のジョージ・フォアマンは無敵の強打者で、「一体この怪物に勝てるボクサーはいるのだろうか」と思うほど強かった印象があります。

ジョー・フレイジャーやケン・ノートンはアリとは宿敵で、特にケン・ノートンとは3度戦っていますが、いずれも苦戦しています。(アリの2勝1敗ですが、すべてノートンが勝っていたいような気がします)

フレイザーにもこの試合の3年前に、最終回にダウンを奪われて完敗しています。

フォアマンはこのフレージャーから2ラウンドKOでタイトルを奪い、ノートンもあっさりなぎ倒して、タイトルを防衛しています。まるで像が蟻を踏み潰すような試合でした。

 

当然のごとく試合の予想はフォアマンの圧勝。何回で倒すかだけが試合の焦点で、誰もアリの勝利を予想するものはいませんでした。

もちろん私はアリの無事を祈るだけで、全盛期を過ぎたアリの勝利なんて微塵も考えませんでした。

 

ところがボクシングというものは不思議なものです。

ゴングが鳴ると同時にフォアマンの猛攻が始まり、いきなりアリはロープにつまり劣勢を強いられます。

この展開は7ラウンドまで続きました。クリーンヒットは許さないものの、ボディはしたたか打たれ、アリはほとんど反撃できません。

 

しかし、5回を過ぎるころからフォアマンのスピードが徐々に落ちていき、7ラウンドあたりでは明らかに失速していました。

そして迎えた8ラウンド。フォアマンの疲れを待っていたアリは、わずかの隙をついてこの試合、始めてパンチをヒット。

おおきくぐらつくフォアマンを、スローモーションを見るように、マットに倒れるまでアリが見ていました。

特に強いパンチを打ち込んだ感じがなかったので、「立ってきてからが勝負やな」と思っていました。

ところがフォアマンは立ってきませんでした。

この日までボクシングを見てきて、これほど感動したことはなかったですね。

 

最後の2試合が余計だった

 

1980年にカムバックして、ラリー・ホームズの持つWBC世界ヘビー級タイトルに挑戦しましたが、まったくいいところなく11ラウンドTKO負け。もう最後の方は見てられませんでした。

私はこの試合、もっと早い回でギブアップすべきだったと悔やまれてなりません。

そして、翌年の1981年12月にトレバー・バービックとも対戦しています。判定負けでしたが、これは無謀なマッチメイクだったと言えるでしょう。

私はこの2試合が引退後のパーキンソン病の引き金になったと思っています。

 

モハメド・アリ氏のご冥福をお祈りします。これほど魅力的なボクサーはもう二度とお目にかかれないでしょうね。