読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わしのボクシングブログ|わしボク

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

ライトフライ級も戦国時代突入! 田中恒成が世界10位をKOして参入

ボクシング・マッチメイク予想

▼スポンサーリンク

▼最新記事

田中恒成VSレネ・パティラノ(フィリピン)

フライ級10回戦(50キロ契約)2016年5月28日

f:id:stonemeintothegroove:20160602093634j:plain

田中は、WBO世界ミニマム級タイトルを返上し、現在WBOライトフライ級2位ランクされています。

パティラノは17戦15勝7KO1敗1分け、24歳。IBF10位にランクされています。3年ほど前にWBA世界ライトフライ級暫定チャンピオンのランディ・ぺタルコリン(フィリピン)に引き分けている実力者です。(この暫定王座は5月6日に剥奪されたようです)

 

 

開始直後からスピードの違いを見せつけ、主導権を握ると、6回に左右の連打でロープへ追い詰め、勝負をつけました。

「思ったより苦戦した」と言い、減量の苦しみが緩和された一方で、対戦相手のパワー増や自身の経験不足を痛感したようです。

「相手への詰め方、攻め方、倒し方が下手」と反省する田中、所属ジムの畑中清詞会長も「ぎりぎり合格点」と手厳しい評価でした。

しかし、私は田中がライトフライ級戦線の中心的存在だと思います。

 

田中はWBA王者の田口良一のタイトルをターゲットにしています。

f:id:stonemeintothegroove:20160602101458j:plain

日本人の世界チャンピオンが2人

WBAのチャンピオンは、田中が対戦を切望している田口良一です。

年末にポンコツのファン・ランダエタにTKO勝ちして3度目の防衛に成功してます。

IBFのチャンピオンが八重樫東。こちらは先日(5月8日)マルティン・テクアぺトラ(メキシコ)との拙戦の末、かろうじて初防衛に成功しました。

f:id:stonemeintothegroove:20160602101613j:plain

世界ランカーも2人います。田中と元WBAミニマム級王者の宮崎亮です。

f:id:stonemeintothegroove:20160602101707j:plain

日本チャンピオンの拳四朗も世界挑戦経験のある角谷淳志を1RにKOして、タイトル防衛に成功しています。

 

今後の勝手な展開予想

田中は田口との対戦を希望していますが、今のところ田中はWBAのランキングには名前がありません。

まあ対戦が決まれば、WBAのことですからすぐにランキングに登場するでしょうけど。

仮にこの二人の対戦が実現したら、田中が勝つと思います。

田口は3連続KO防衛していますが、いずれも下位のランカーで、強い相手との対戦がありません。田中と対戦したレネ・パティラノの方が強いかもしれません。

身長、リーチは田口が勝りますが、スピード、パンチ力ともに田中が上でしょう。

 

田中はWBOの2位にランクされていますから、WBOのドニ―・ニエテス(フィリピン)に挑戦するチャンスも十分あります。

しかし、このニエテスは強敵です。ライトフライ級では最強でしょう。

階級を上げてすぐに戦う相手ではないですね。

 

宮崎も無謀な減量でKO負してから4連続KO勝ち。本来のスピーディなボクシングを取り戻した感があります。しかし、対戦相手の質には疑問が残りますね。

IBF3位にランクしていますから、IBF王者の八重樫に次の挑戦者としての資格は十分です。なにせ1位と2位は空位ですから(IBFのランキングも不思議ですね)事実上のトップコンテンダーといえます。

どちらも出入りのスピードで勝負するタイプですが、問題はコンディションでしょう。

スムーズな減量でうまく仕上げた方が勝ちだと思います。

 

拳四朗はまだ世界ランキングに登場していませんが、ねらい目は木村悠に勝ったWBC王者のカニガン・ロペス(メキシコ)ですね。

このチャンピオンなら、今す対戦しても拳四朗が勝つと思います。

 

ライトフライ級の勝手なランキング

1位 田中恒成 7戦7勝4KO        20歳 162㎝

2位 田口良一 26戦23勝10KO2敗1分 26歳 166㎝

3位 拳 四朗 7戦7勝4KO        24歳 164㎝

4位 八重樫東 29戦24勝12KO5敗   33歳 161㎝

5位 宮崎 亮 28戦24勝15KO1敗3分 27歳 155㎝