わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

加納陸が最年少世界チャンピオン記録に挑みます!VS高山勝成

▼最新記事

 加納陸(1位)VS高山勝成(2位)

 WBO世界ミニマム級王座決定戦(2016年8月20日)

 

東洋太平洋ミニマム級暫定王者の加納陸(18)が23日、兵庫・三田市内のジムで会見し、井岡弘樹が持つ国内最年少世界王者記録(18歳9カ月10日)更新を懸けて、世界初挑戦することを発表しました。

8月20日に、兵庫・三田市の駒ケ谷体育館で、元世界同級4団体王者の高山勝成(33)とWBO世界同級王座決定戦を行います。

勝てば18歳9カ月4日での王座奪取となる加納は、「15歳の時にこの高山とスパーリングをしてアドバイスを受けた大先輩です。」因縁の対決ですね。

加納陸が国内最年少世界王者記録に挑戦 高山と対決

(出典:日刊スポーツ)

 

 

海外デビューの加納の通算戦績は10勝(5KO)1敗1分け、高山は30勝(12KO)8敗1無効試合。

田中恒成が返上したWBO世界ミニマム級のタイトルを争います。

 

加納の新記録!

順当に考えれば加納の新記録は達成されると思います。

序盤は加納がスピードを生かしてポイントを稼ぎ、中盤辺りから高山が挽回を図るでしょね。勝負は終盤です。

加納のパンチでは高山を倒すのは無理でしょうから、前半の貯金をいかに残して12ラウンドを終わるか。高山も全盛期を過ぎていますから、3~4ポイント差で加納が逃げ切るでしょう。

 

クリーンヒットでない攻勢を、どれだけ評価するかで勝敗は大きく変わってきそうな気がします。

もちろんクリーンヒット重視の採点だと、加納が有利なのは言うまでもありません。

 

 

<過去の記事>

boxing.hatenablog.jp

 

 

boxing.hatenablog.jp