読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わしのボクシングブログ|わしボク

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

ボンバーさく裂!三浦隆司再起戦&五十嵐俊幸&萱沼徹平&梶颯

▼スポンサーリンク

▼最新記事

三浦隆司VSジミー・ボルボン(フィリピン)

ライト級(133P契約)10回戦(2016年5月7日)

f:id:stonemeintothegroove:20160519143401j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160519143408j:plain

(出典:日テレG+)

ライト級のリミットが135Pですから、それより2P軽いキャッチウエイトで行われました。

再起戦の三浦は34戦29勝22KO3敗2分、31歳。

ボルボンは8戦5勝3KO2敗1分、23歳、フィリピンSライト級8位の選手です。

 

序盤の三浦の動きは重そうで、しかも硬かったですね。

「1ラウンドは様子見かな」と思っていたら、少しずつ距離を合わせてきて、残り20秒あまりのところで、三浦の右ジャブから左ボンバーレフトがいきなりさく裂しました。「ボコッ!」というようなすごい音がしました。

 

f:id:stonemeintothegroove:20160519144459j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160519144448j:plain

(右で距離を測り左ボンバーを打ち抜くようにヒットしました)

f:id:stonemeintothegroove:20160519144607j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160519144618j:plain

 

いきなりのボンバーさく裂でびっくりしました。あっという間の出来事でしたね。

三浦の左は健在でした。このボンバーレフトでフランシスコ・バルガスにリベンジしましよう。でも序盤は、もう少し柔らかい動きがほしいところですね。

 

五十嵐俊幸VSジョエル・タドゥラン(フィリピン)

Sフライ級(113P契約)10回戦

 

どうやら五十嵐はフライ級に戻して世界を狙うようですね。この日はフライ級リミットの112Pを、1Pだけオーバーのキャッチウエイトで行われました。

f:id:stonemeintothegroove:20160519150159j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160519150206j:plain

(出典:日テレG+)

五十嵐は25戦21勝12KO2敗2分、32歳、WBOフライ級6位、WBCフライ級7位にランクしています。

タドゥランは10戦7勝1KO2敗1分、22歳。フィリピンフライ級7位、アマチュアで134戦のキャリアがあります。

 

タドゥランが前に出て、五十嵐が下がりながら左ストレートをカウンターで決めるという立ち上がり。この日はこの左ストレートが随所でヒットし、試合の主導権を握りました。

後半になると五十嵐は右ジャブも出るようになり、ワンツーがきれいにヒットしていました。

ただ、五十嵐は左のパンチの後の右の返しがないので、タドゥランは左の打ち終わりを狙いだします。

しかしスピードの違いが歴然としており、7ラウンドには五十嵐の会心の左ストレートがヒットし、明らかにタドゥランは失速。

f:id:stonemeintothegroove:20160519154340j:plain

五十嵐は最後までフットワークも軽快で、ワンツーのスピードが落ちることなく、タドゥランを圧倒しましたが、畳みかける連打がなく、しぶといタドゥランを倒すことが出来ませんでした。

3-0(99-92、99-91、100-90)の大差判定勝ちでした。ちなみに私は100-90です。

 

久しぶりにキレのある五十嵐を見たような気がします。

しかし、世界はちょっと無理かな?

 

萱沼徹平は左フック一発43秒で終わらせる

萱沼徹平VS本吉豊(フェザー級6回戦)

f:id:stonemeintothegroove:20160519160151j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160519160157j:plain

(出典:日テレG+)

この日のアンダーカードはなかなか好カードが組まれていました。

萱沼は昨年のフェザー級新人王戦以来の試合。

7戦6勝4KO1分、21歳、日本フェザー級15位のランカーとしての初めての試合です。

相手の本吉は14戦6勝4KO8敗、28歳。負け越していますがキャリアは豊富です。

しかし、試合開始わずか43秒で決着しました。

萱沼が相手の右をダッキングでかわし、強烈な左フックを本吉の顎にヒットさせました。

f:id:stonemeintothegroove:20160519154528j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160519160057j:plain

(右をダッキングでかわし、左フックを叩き込む)

本吉のダメージは深刻で、担架まで持ち出されました。

 新人王戦の決勝は1-0の引き分けでしたが、ダウンを奪っています。さて、このパンチが日本ランカーに通用するかどうか、楽しみですね。

boxing.hatenablog.jp

 

梶颯は連打でストップ勝ち

梶颯VS梁裕(Sフライ級6回戦)

f:id:stonemeintothegroove:20160519155941j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160519155953j:plain

(出典:日テレG+)

梶も昨年の新人王で、これが日本ランカーとしての初戦です。

戦績はわずか4戦。全勝3KO、18歳。日本Sフライ級15位にランクしています。

梁は12戦6勝4KO4敗2分、25歳キャリアは梶の3倍もあります。しかもサウスポーです。

 

梶は初回からパワフルな左右フックで梁を圧倒します。3KOはすべて1ラウンドで奪っています。

しかも梶はサウスポーを全く気にしないようです。

しかし変則スタイルの梁は、柔らかい体でこの攻撃をかわし、反撃します。結構パンチはありそうです。

梶のボディブローが何度も梁の腹にめり込みますが、梁は打たれ強いですね。梶は3ラウンドからコンパクトなパンチに切り替え、5ラウンドにまたボディブローをヒット。さすがに効いた梁はコーナーに詰まります。そして、梶のラッシュ。相手をよく見て的確にパンチを当てていました。

f:id:stonemeintothegroove:20160519161630j:plain

レフリーが割って入って、TKO。新人王の梶も無難なスタートを切りました。

 

boxing.hatenablog.jp

 

この日は旭道山の甥、波田大和も登場し、2RTKOでデビュー2連勝を飾りました。

またウェルター級の昨年の新人王、永野祐樹も豪快なKOで、日本ランカーとしてのスタートを切りました。