読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

拳を痛めてKO逃す 井上尚弥VSダビッド・カルモナ&八重樫東VSマルティン・テクアぺトラ

▼スポンサーリンク

▼最新記事

井上尚弥VSダビッド・カルモナ(メキシコ)

WBO世界Sフライ級タイトルマッチ(2016年5月8日)

f:id:stonemeintothegroove:20160509152559j:plain

(出典:フジテレビ)

井上尚弥は9戦9勝8KO、23歳。

ダビッド・カルモナは27戦20勝8KO2敗5分。井上がガードの上から打って倒したワルリト・パレナス(フィリピン)とは分の悪い引き分け。井上に2RKO負けしたオマール・ナルバエスには2013年にTKO負けしています。

 

「井上が何ラウンドに倒すか」それだけが注目の一戦でした。

 

ところがところが、井上のクリーンヒットをもらっても倒れるどころか、カルモナにはダメージすら感じられないのです。

6回にゴーサインが出ましたが、カルモナはいくら打たれてもびくともしません。ディフェンスもいいけど、結構いいパンチをもらってるのに、しぶといな~

 

「井上は右手を痛めたのでは?」と村田選手が言い出したのは、9ラウンドでした。

実際には2ラウンドに痛めたようです。

f:id:stonemeintothegroove:20160509160317j:plain

(2ラウンドにカルモナのテンプルにヒットしたこの右ストレートかな?)

しかも左も途中から痛くなってきたそうですから、こうなったらKOはあきらめて、軽いジャブで試合をコントロールするしかありません。

 

でも井上は最後に全力で倒しに行きました。

左フックがカルモナの顎をとらえました。そこから猛然とラッシュして、ようやくダウンを奪います。

 f:id:stonemeintothegroove:20160509161229j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160509161433j:plain

 (まだダメージの少ない方の左がクリーンヒット)

かなり力尽きたダウンの仕方でしたが、立ってきました。残り20秒弱。猛然とラッシュしましたが、カルモナはふらふらになりながらもクリーンヒットを許さず、時間切れ。

もう少し時間があればレフリーも止めていたでしょう。でも、もう防御姿勢をとれないカルモナは、いつストップされてもおかしくありませんよ。

f:id:stonemeintothegroove:20160509161606j:plain

(猛然とラッシュしましたが、カルモナはしぶとい)

判定はもちろん3-0(118-109、116-111、118-109)。

井上と拳の負傷はセットになりそうですね。戦い方を考え直さないと、選手寿命を縮める危険性があります。

 

八重樫東VSマルティン・テクアぺトラ(メキシコ)

IBF世界ライトフライ級タイトルマッチ(2016年5月8日)

f:id:stonemeintothegroove:20160509163031j:plain

 

(出典:フジテレビ)

八重樫東は28戦23勝12KO5敗、33歳。

テクアぺトラは22戦13勝10KO6敗3分、26歳。IBF11位でKO率こそ高いですが、八重樫にとっては楽な相手になるはずでした。

 

ところが序盤はリーチの長いテクアぺトラのパンチに苦労し、なかなかペースをつかめません。

中盤から足を使って少し盛り返しましたが、どうも今日の八重樫は動きが今一つです。それほどスピードがある訳でも、怖いパンチがある訳でもないテクアぺトラを持て余し、攻撃の糸口がつかめません。

そして後半はいつもの激闘です。

「なんとか勝ったかな?」とは思いました。

でも日本人のジャッジが、テクアぺトラの勝ちにしていたのには驚きましたね。

 

アンダーカードで井上拓真はKO勝ちしましたが、松本亮は体調不良で、KO負けでしたね。

5月14日のBSで放送されるかもしれません。