読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わしのボクシングブログ|わしボク

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

最年少世界王者を目指す 加納陸VSメルリト・サビーリョ

▼スポンサーリンク

▼最新記事

加納陸VSメルリト・サビーリョ(フィリピン)

東洋太平洋ミニマム級暫定王座決定戦(2016年5月8日)

f:id:stonemeintothegroove:20160509134544j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160509134550j:plain

(出典:テレビ大阪)

加納陸は4戦4勝2KO、18歳です。現在WBO6位、IBF13位、WBCでも15位にランクしており、井岡弘樹さんのもつ最年少世界王者の記録更新を狙っています。

不思議なのはサビーリョです。現在WBO世界ミニマム級1位にランクしており、田中恒成が返上したWBOタイトルの王座決定戦の最有力候補と思われるのに、なぜ東洋太平洋の暫定王座決定戦なのでしょうか。

サビーリョは28戦25勝12KO2敗1分、32歳。元WBO世界にミニマム級王者です。この元世界王者に勝つようだと世界が見えてきますね。

そして、サウスポー同士の対戦です。キャリアの浅い加納にとっては不利な材料かもしれません。

序盤は加納のペース

動きの硬いサビーリョに対して、加納はスピーディなフットワークを使い、右ジャブ、左ストレートをコンパクトにヒットして、ペースを握ります。

2回には接近して、サビーリョの危険なパンチをかわし、左カウンターを決め、パンチが交錯するシーンでも勇敢に打ち合います。

加納は、スピードがあって、防御勘もよく、うまいボクシングをしますね。

しかし3回に入るとサビーリョが出てきました。強いプレッシャーをかけ、強引にパンチを振ってきます。

この打ち合いに応じた加納は、自分のパンチもヒットしますが、サビーリョの大きなパンチを被弾するようになり、かなりスリリングなシーンが展開されるようになってきます。

 

中盤はサビーリョが打ち勝つ

右ジャブが減ってきた加納は、サビーリョの前進をまともに受け、コンパクトなパンチをヒットし手数では上回るものの、パワーのあるサビーリョのパンチに押され気味。接近戦での打ち合いはパンチ力のあるサビーリョが優勢です。

6回からは、少しガス欠気味のサビーリョのプレッシャーが弱まってきましたが、ラスト30秒、とか、ラスト10秒に猛然とラッシュする作戦を使って、加納をたじろがせます。

8ラウンドは疲れが見え始めた加納にサビーリョの右ストレートが決まり、ボディブローも効いてきたのか、加納の腰が引けてきました。

 

終盤は加納がペースを取り戻す

このまま押し切られるかと思いましたが、加納は10回からまた足を使って、コンパクトにパンチをヒットし、残り1分ぐらいからこの試合初めて加納が前に出て、サビーリョをロープに詰めラッシュを見せました。

すっかりペースを取り戻した加納は、手数でもサビーリョを上回りポイントを奪います。

最後は足を使ってサビーリョをコントロールし、左ストレートをカウンターで決めるなど、サビーリョに付け入るスキを与えませんでした。

 

判定は2-1(113-115、115-111、117-111)のスプリットデシジョンでしたが、私の採点では3ポイント、加納が勝っていたように思います。でも彼のキャリアの中では一番苦戦しましたね。

 

やはり今回も右ジャブが少なかったようです。世界のトップクラスの選手に比べるとパンチ力も物足りませんね。ライトフライ級だとパワー負けしそうです。

ボクシングのうまさ、冷静な試合運びは評価できますし、将来的には世界を狙えるでしょうが、年内に世界戦を強行するのはどうかと思います。

 

boxing.hatenablog.jp