読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わしのボクシングブログ|わしボク

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

「フロイド・メイウェザーの秘蔵っ子」ジャーボンテイ・デービス&「トーマス・ハーンズの再来」ロバート・イースター

▼スポンサーリンク

▼最新記事

ジャーボンテイ・デービス(アメリカ)VSギジェルモ・アビラ(メキシコ)

Sフェザー級10回戦(2016年4月1日)

 

f:id:stonemeintothegroove:20160504130616j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160504130631j:plain

f:id:stonemeintothegroove:20160504130642j:plain

(出典:WOWOW)

解説のジョー・小泉さんいわく「デービスは注目の選手です。メイウェザーの秘蔵っ子中の秘蔵っ子なんですよ。」

それは楽しみですね。浜田剛史さんの言葉を借りれば、まさに「お手並み拝見」となります。

 

デービスは14戦全勝13KO、21歳。身長は168㎝のサウスポーです。

アビラは20戦15勝12KO5敗、23歳。身長は170㎝です。

 

デービスはやや小柄な感じで、ボディワークが速く、サウスポーですがノーモーションの左をジャブのように使います。メイウェザーの右の使い方に似ています。

ステップはメイウェザーとそっくりですね。

 

初回はデービスのスピードに戸惑っていた感じのアビラですが、2ラウンドには早くも対応していきました。

デービスの飛び込んで打つ左フックは、カウンターをもらう危険がありますね。左のガードが甘いです。まさにアビラはそれを狙っています。

デービスの左が当たらなくなり、流れがアビラに傾きだした3ラウンド残り1分弱あたりに、デービスの左アッパーがヒットし、アビラが出血しました。

f:id:stonemeintothegroove:20160504133853j:plain

(3回、左アッパーがヒットし、すかさず連打で追撃するデービス)

流れを取り戻したデービスが4ラウンドは、明らかにKOを狙って攻勢をかけます。

アビラは左を警戒し、上へのパンチはうまくさばいていましたが、ボディブローが効いてしまいました。

5ラウンドはデービスが小休止。しかし、アビラが息を吹き返したと思えたラウンド終了間際に、デービスが技ありのショートの左ストレートでダウンを奪いました。

f:id:stonemeintothegroove:20160504134227j:plain

(タイミングよく放った軽い左ストレートでダウンを奪います)

勢いづいたデービスが6ラウンドは開始早々からラッシュし、左アッパーの連打で2度目のダウンを奪いました。そして、29秒、レフリーがカウント7でストップしました。

f:id:stonemeintothegroove:20160504134237j:plain

(この左アッパーの連打は見事でした)

メイウェザーの秘蔵っ子中の秘蔵っ子と言うには少しガードの甘さが目につきましたが、スピーディなボディワークとサウスポーの強みを生かして伸びていきそうです。

ただ、スーパースターになるには「?」がつきますね。

 

ロバート・イースター(アメリカ)VSアルへニス・メンデス(ドミニカ共和国)

ライト級10回戦(2016年4月1日)

f:id:stonemeintothegroove:20160504135715j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160504135727j:plain

f:id:stonemeintothegroove:20160504135734j:plain

 

(出典:WOWOW)

ロバート・イースターはトーマス・ハーンズの再来と言われる逸材です。

ライト級で身長180㎝、リーチは193㎝もあります。

16戦全勝13KO、25歳。パンチ力もありそうです。

現在、IBFライト級12位。

 

一方のアルへニス・メンデスは元Sフェザー級の世界チャンピオンです。

現在もWBCライト級4位にランクし、28戦23勝12KO3敗1分1NC、29歳です。

イースターにとってはこれがテストマッチとなりますね。

あっさり勝つようだと、一躍ライト級のトップ戦線に躍り出そうです。

 

初回、イースターは速くて長い左ジャブでラウンドを支配します。

しかし、メンデスはガードが堅く、まともにはパンチをもらいません。

2回に入るとイースターは距離を詰めて、ショートのコンビネーションブローをヒットします。ただ不用意にメンデスのカウンターをもらう場面があり、ガードの甘さが目につきます。

 

4回もイースターのショートのワンツーがヒットし、連打で畳みかけますが、力むとどうしてもパンチの精度が悪くなります。

イースターの打ち終わりを狙いカウンターを放つメンデスですが、この回から急にバランスが悪くなって、動きに疲れが見え始めました。

5回のメンデスは打ち終わりを狙うだけで、明らかに失速。そして、イースターの狙いすました右ストレートがジャストミートして腰から落ちるようにダウンしました。

これをもらったら立てないでしょう。レフリーはカウント7でストップしました。

f:id:stonemeintothegroove:20160504155751j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160504155803j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160504155816j:plain

(狙いすました右ストレートがジャストミート)

f:id:stonemeintothegroove:20160504160058j:plain

(上からのショット)

 

f:id:stonemeintothegroove:20160504160127j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160504160135j:plain

(左で距離を測り狙いすました右ストレート)

f:id:stonemeintothegroove:20160504160247j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160504160145j:plain

(反対の角度から)

まさにワンツーのお手本のようなパンチでした。

ショートのパンチもうまいですが、やはり自分の射程距離で打つパンチは破壊力抜群ですね。

元世界チャンピオンでWBC4位に完勝しましたが、イースターもガードが甘いですね。

ロバート・イースターは何故か、カウンターをもらって倒れる姿が想像できてしまいます。そこはマービン・ハグラーではなくトーマス・ハーンズの再来だからでしょうか。