わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

ケル・ブルックはやっぱり強い!VSケビン・ビジャール

▼最新記事

ケル・ブルック(イギリス)VSケビン・ビジャール(カナダ)

IBF世界ウェルター級タイトルマッチ(2016年3月26日)

内山ショックからまだ立ち直っていませんが、内山高志のblogが再開されましたので、私も、先日WOWOWで放送されていたケル・ブルックの試合のレポートで復帰したいと思います。

f:id:stonemeintothegroove:20160503122724j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160503122732j:plain

(出典:WOWOW)

ケル・ブルックを見るといつもナジーム・ハメドを思い出します。

ボクシングスタイルは全く違いますが、なんとなく雰囲気が似ているような気がします。

35戦全勝24KO、29歳。2014年8月にアメリカで、ショーン・ポーターに勝って、一躍スータダムにのし上がってきました。

私はウェルター級では最強だと思っています。

相手はIBF1位のケビン・ビジャール。27戦25勝17KO2敗、31歳。指名挑戦者ですが、恐らくかなり力の差があるでしょうね。

 

前に出るが手が出ないビジャール

前に出るのはビジャールですが、ブルックは下がりながらも相手のガードの隙間を抜くジャブが上手いし、右アッパーも飛んでくるので、ほとんど手が出ません。

2ラウンドに入ると、相手の力を見切ったブルックは早くも倒しにかかります。

そしてスピードもパワーも優るブルックの右フックがクリーンヒット。これが効きましたね。この後の追撃でまず1回目のダウンを奪いました。

f:id:stonemeintothegroove:20160503125235j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160503125245j:plain

f:id:stonemeintothegroove:20160503125255j:plain

 

ビジャールは一応立ってきましたが、もう反撃の余力は残っていません。

2度目のダウンのカウント中にレフリーがストップしました。

 

少しボクシングが硬い感じがしますので、打たれた時の耐久性にまだ未知の不安要素はありますが、私にはブルックの負ける姿が想像できません。

 

スター揃いのウェルター級

WBCの王者がダニー・ガルシア(アメリカ)です。WBAにはキース・サーマン(アメリカ)がいます。いずれもまだ無敗です。

5月8日にサウル・アルバレスと対戦するアミール・カーン(イギリス)。

スーパースター候補のエロール・スペンス(アメリカ)。

ブルックに負けたとはいえ、まだまだトップ戦線で活躍しているショーン・ポーター(アメリカ)。パッキャオの宿敵、ティモシー・ブラッドリーもこのクラスです。

 

それではいつものように、大好きな順位付けをしてみましょう。

1位 ケル・ブルック

2位 キース・サーマン

3位 ショーン・ポーター

4位 ジェシー・バルガス

5位 ティモシー・ブラッドリー

6位 ダニー・ガルシア

7位 エロール・スペンス

8位 サダム・アリ

9位 レイモンド・ピーターソン

10位 アミール・カーン

 

いやー豪華メンバーですね。負けない、倒れない安定感のある選手がそろっています。

私が期待するエロール・スペンスもこの上位メンバーにはてこずりそうです。