読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わしのボクシングブログ|わしボク

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

回想)対照的だったロマゴンとゴロフキン

▼スポンサーリンク

▼最新記事

体調不良のローマン・ゴンザレス

ローマン・ゴンザレスVSマクウイリアムス・アローヨ(2016年4月23日)

 

f:id:stonemeintothegroove:20160427103315j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160427103324j:plain

(出典:WOWOW)

まず気になったのがロマゴンの円形脱毛症です。何かトラブルでもあったのでしょうか。

f:id:stonemeintothegroove:20160427103536j:plain

そして8ラウンド開始前の謎のドクターチェック。

f:id:stonemeintothegroove:20160427103712j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160427103721j:plain

8ラウンドのゴングが鳴るとすぐにレフリーが試合をストップし、ロマゴンのドクターチェックを要請しました。

早い回で倒すと予想していたのに7ラウンドが終わっても、アローヨにダメージすら与えることが出来ないロマゴンを見ていただけに、「なにか体調にトラブルでもあったのかな?まさかロマゴン、棄権?」

あんな辛そうなロマゴンの顔を見たのは初めてです。

ところが、何事もなく試合は再開されました。

ホッとしましたが、ロマゴンの体調が万全でないのは明らかです。

私はこの時、ロマゴンのまさかの初黒星が脳裏をよぎりました。

 

結局、終始攻め続けたロマゴンが大差の判定で勝ったのですが、この試合、一言でいうと「ロマゴンは体が重くてパンチが軽い」。

 

この日のロマゴンでしたら、井上尚弥なら倒していたかもしれません。ひょっとしたら、井岡一翔でもさばけたかもしれませんよ。

 

パウンドフォーパウンド1位はゴロフキン

f:id:stonemeintothegroove:20160427105706j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160427105712j:plain

 ゲンナディ・ゴロフキンVSドミニク・ウェイド

ゴロフキンは絶好調でした。

2分過ぎには、ウェイドの顔から余裕の表情が消えていました。

リーチの長いウェイドの懐にいとも簡単に入り込み、1ラウンドに早くもダウンを奪いました。

左ジャブから左アッパー。このアッパーが効きましたね。

f:id:stonemeintothegroove:20160427132848j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160427132815j:plain

f:id:stonemeintothegroove:20160427132825j:plain

(パンチ力ももちろんですが、きっちりジャブから入る基本のスキルは完璧です)

 

 f:id:stonemeintothegroove:20160427133032j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160427133010j:plain

 f:id:stonemeintothegroove:20160427133054j:plain

 (別の角度から。左の使い方は本当にうまいですね)

 

2ラウンド、フィニッシュの右ストレートはジャストミート。このパンチも左ジャブで距離を測ってからのワンツーパンチです。

f:id:stonemeintothegroove:20160427133920j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160427133926j:plain

(これをもらったら立てないでしょう)

ゴロフキンのこの日快勝でパウンドフォーパウンド1位の座は交代するでしょう。

万全の体調でサウル・アルバレスと対戦したら、負けるころとはないでしょう。

カネロの唯一の突破口はボディブローですね。これが決まれば展開はわからなくなりますよ。

 

ペドロ・デュラン(アメリカ)VSペドロ・ロペス(メキシコ)

 

Sフェザー級8回戦

f:id:stonemeintothegroove:20160427134631j:plain

(出典:WOWOW)

ロマゴンとゴロフキンのアンダーカードです。

お互い175㎝の長身ですが、リーチの長いデュランの方が背が高く見えます。

ペドロ・デュランは13戦全勝10KO、22歳。

ペドロ・ロペスは13戦9勝1KO2敗2分。

 

両者ともきびきびした動きで、パンチのスピードもなかなかのものです。

デュランはガードが低いのが欠点ですね。不用意にロペスのパンチを被弾します。

しかし、決定的に違うのはパンチ力でした。

1ラウンドの終了間際に放った右ストレートで早くもロペスがダウンしました。

f:id:stonemeintothegroove:20160427135216j:plain

(この右は威力があります)

2ラウンドのダウンは、デュランの身体能力の高さを見せ付けました。

ロープ際で体を入れ替えたデュランが振り返りざま、体制を崩し無防備のロペスに右ストレートをヒットし2度目のダウンを奪いました。

身のこなし、目の良さ、反射神経の差がはっきり出たようなダウンでしたね。

ジョー小泉さんが「ホルヘ・リナレスが得意とするパンチですね」。

私もこの振り返りざま、狙いすましたパンチを打ちこむリナレスを見た記憶があります。

f:id:stonemeintothegroove:20160427135601j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160427135624j:plain

f:id:stonemeintothegroove:20160427135610j:plain

 

結局、4ラウンド終了で、ロペスが棄権を申し出て、デュランのTKO勝ちとなりました。

デュランの素質はかなり高いとは思いますが、ガードの低いディフェンスはいただけませんね。