読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

速報)ゲンナディ・ゴロフキン 2RKOで危なげなく防衛

▼スポンサーリンク

▼最新記事

ゲンナディ・ゴロフキン(カザフスタン)VSドミニク・ウエイド(アメリカ)

WBAスーパー・IBF・WBC暫定世界ミドル級タイトルマッチ

 

16連続KO防衛なるか!

ロマゴンの試合を見た後ですから、なぜか番狂わせの予感もします。

 ゴロフキンは34戦34勝31kO、34歳。

ウエイドは18戦18勝12KO、25歳。無敗対決です。

 

(1R)

ウエイド、リーチ長いですね。

でも、ゴロフキンはいつののようにじわじわと前に出てプレッシャーをかけ、強いパンチを放ちます。

そして、中盤、右オーバーハンドが決まりました。

ウエイドはゴロフキンを止められず、中へ入られます。

終了間際、右オーバーハンドが決まりウエイドが早くもダウンしました。

これはゴングに救われました。実力差はかなりありそうです。

 

(2R)

ゴロフキンが倒しに来ました。

残り1分強。右フックでまたウエイドがダウン。その前の左ジャブと左アッパーが効いていたようです。もう決まった感じですが、レフリーがカウント9で相手の戦意を確かめます。ジョー小泉さんが「レフリー時間がかかりすぎです!」

そして、なんとか再開しました。

しかし、残り30秒、今度は右ストレートがきれいに決まり2度目のダウン。これは立てないでしょう!

 

2ラウンド2分37秒、ゴロフキンのKO勝ちです。

ウエイドはリーチを生かせず、ゴロフキンの強さが際立った一線でした。