読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わしのボクシングブログ|わしボク

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

※このたび、ブログURLをhttp://www.boxing-blog.comに変更いたしました。お気に入りにご登録頂いている方はご変更のほどお願いいたします。

NO.1ハードパンチャーは誰だ! 国内&世界でパンチ力が最強のボクサーは!?(戦闘能力比較表更新しました)

最強のボクサー論

▼スポンサーリンク

▼最新記事

まずは国内のハードパンチャーから

いつもの前置きですが、これは特に基準がある訳でもなく、あくまでも私の独断と偏見で決めておりますので、異論は覚悟のうえでございます。

 

f:id:stonemeintothegroove:20160417161227j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160417161231j:plain

 (出典:フジテレビ、テレビ東京)

私が独断と偏見で作りました戦闘能力比較表(国内編)によりますとパンチ力が「10」の選手が3人います。

内山高志、三浦隆司、井上尚弥。

私は迷わず井上を一番に選びました。そして、内山、三浦の順です。

4位がなんと比嘉大吾です。これは多くの方が異議を唱えるのではないでしょうか。

 

悩むのはこの後です。

「8」の選手が9人います。

田中恒成、拳四朗、山中慎介、赤穂亮、松本亮、和氣慎吾、尾川堅一、ホルヘ・リナレス、小原佳太。

まあ一応実績を評価して、山中を5位にします。

 

では一気に10までを発表します!

 

1位 井上尚弥(WBO世界Sフライ級王者)

2位 内山高志(WBA世界Sフェザー級S王者)

3位 三浦隆司(WBC世界Sフェザー級1位)

4位 比嘉大吾(日本フライ級3位)

5位 山中慎介(WBC世界バンタム級王者)

6位 和氣慎吾(IBF世界Sバンタム級王者)

7位 尾川堅一(日本Sフェザー級王者)

8位 田中恒成(前WBO世界ミニマム級王者)

9位 松本亮(WBO世界バンタム級3位)

10位 拳四朗(日本ライトフライ級王者)

 

海外編のハードパンチャーは大混戦

私が戦闘能力比較表(海外編)でパンチ力を「10」にしているのは、なんと4人しかいません。

少ないですね。こうやってこの表を分析するとおかしな点がいっぱい出てきます。

今回はこの日本人贔屓のまま進めたいと思います。お許しください。

 

 

f:id:stonemeintothegroove:20160417161305j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160417161343j:plain

 (出典:WOWOW)

ますはロマゴン。そしてゲンナディ・ゴロフキン。

これは文句ないでしょう。後の二人は、アルツール・ベテルビエフとアンソニー・ジョシュアです。はっきり言って、完全に私の個人的な好みで選んでいますね。

「9」が13人います。

ここから6人選んで、強引にベスト10を作りました。

 

1位 ゲンナディ・ゴロフキン(3団体世界ミドル級王者)

2位 ローマン・ゴンザレス(WBC世界フライ級王者)

3位 アンソニー・ジョシュア(IBF世界ヘビー級王者)

4位 アルツール・ベテルビエフ(IBF世界ライトヘビー級2位)

5位 ダニエル・ジェイコブス(WBA世界ミドル級王者)

6位 アドニス・スティーブンソン(WBC世界ライトヘビー級王者)

7位 ジャーマル・チャーロ(IBF世界Sウェルター級2位)

8位 ディオンティ・ワイルダー(WBC世界ヘビー級王者)

9位 ウーゴ・ルイス(WBC世界Sバンタム級王者)

10位 オスカル・バルデス(WBO世界フェザー級1位)

 

5位以下はもう大混戦です。(私の頭は大混乱)どうしても強い順番になりそうですが、ここはあくまでもパンチ力だけですから、そのあたりを混同しないようにするのが難しいですね。

ロマゴンとゴロフキンは迷ったのですが、一発パンチではゴロフキンかなと判断しました。

ウーゴ・ルイスとオスカル・バルデスは最近の印象が強くて、ついつい手を出してしまいました。

 

戦闘能力比較表(国内編)2016年4月17日更新 ↓

 

boxing.hatenablog.jp

 

戦闘能力比較表(海外編)2016年4月17日更新 ↓

 

boxing.hatenablog.jp