読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わしのボクシングブログ|わしボク

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

倒してほしかった!ヒルベルト・ラミレスがアルツール・アブラハムを完封

▼スポンサーリンク

▼最新記事

アルツール・アブラハム(ドイツ)VSヒルベルト・ラミレス(メキシコ)

WBO世界Sミドル級タイトルマッチ(2016年4月9日)

f:id:stonemeintothegroove:20160411154326j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160411154336j:plain

(出典:WOWOW)

パッキャオVSブラッドリー戦に行われた、もう一つの注目のアンダーカードです。

私はメインよりもアンダーカードを楽しみにしていました。

オスカル・バルデスVSイブゲニー・グラドビッチともう一つがこの試合です。

凡戦の帝王アブラハムが、ラミレスの強打(33勝24KO無敗)を受けてグロッキーになるシーンを楽しみに見ていたのですが、残念ながらその願いはかないませんでした。

 

アブラハムの両手はガード専用

例によって両腕を高く上げてがっちりガードし、ひたすらプレッシャーをかけて前に出るアブラハムに対して、ラミレスは右ジャブから左ストレートカウンターを狙います。

そして、2回。ラミレスの右ストレートがクリーンヒットしました。

これは結構ダメージがあったようで、体勢を崩したアブラハムはクリンチでこの回をしのぎました。

「これは、早い回に念願のシーンが見られるかも」と期待しました。

 

f:id:stonemeintothegroove:20160411154438j:plain

(この右ストレートは強烈でした)

とにかくアブラハムはガードを固めて前に出るだけで、ほとんどパンチを打たず、両手は専らガードに使い、全くボクシングをしません。

ラミレスはその堅いガードの上からコンパクトにパンチをヒットし、時折打つ右ボディブローが効果的でした。このパンチでアブラハムはますますガードが固くなります。

たまにアブラハムがパンチを繰り出しますが、力みすぎてバランスを崩すだけで、全くヒットしません。ガードばっかりしてパンチの打ち方を忘れたのかな?と思うほど下手でしたね。

 

ボディブローが効果的

上下の打ち分けが上手いラミレスは、堅いガードの上をたたきながら、長いリーチ(身長189㎝)を使って右ボディを効果的にヒットさせます。

アブラハムはラミレスの強打を腕でカバーしていましたが、5ラウンドあたりから、腕をだらんと下げて、腕を休ませるようなしぐさをするようになります。

7回にもう一度ラミレスのパンチでアブラハムがバランスを崩すシーンがありましたが、どうしても堅いガードを崩すことが出来ません。

f:id:stonemeintothegroove:20160411160230j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160411160238j:plain

(この後、ラミレスが畳みかけようとしますが、堅いガードに阻まれます)

このあたりから、ラミレスは倒すことを諦め、フットワークを使い、コンパクトなパンチをヒットしていく戦法に切り替えます。

一方のアブラハムも必死に攻勢に出ますが、不細工なパンチの打ち方で、全くラミレスにヒットしません。

f:id:stonemeintothegroove:20160411160246j:plain

(後半はコンパクトなパンチでポイントをゲット)

最終回もラミレスの手数は減ることなく、フットワークも止まりません。結局、12ラウンド、アブラハムは何もできずに終わりました。

120ー108のスコアで、ラミレスがタイトルを奪取しました。

こういう完封のスコアを「シャットアウトデシジョン」と言うそうです。

アブラハムはチャンピオンはガードしてたら、パンチを打たなくても勝てると思ったのでしょうか。とにかくパンチの打ち方を忘れたのなら、もう引退してください。