読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わしのボクシングブログ|わしボク

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

速報 マニー・パッキャオVSティモシー・ブラッドリーのラバーマッチはパッキャオに有終の美

▼スポンサーリンク

▼最新記事

マニー・パッキャオ(フィリピン)VSティモシー・ブラッドリー(アメリカ)

WBOインターナショナルウェルター級王座決定戦(2016年4月9日)

 

f:id:stonemeintothegroove:20160411134844j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160411134852j:plain

(出典:WOWOW)

パッキャオのラストファイトは、ブラッドリーとのラバーマッチです。

浜田剛史さんは「試合前の表情がいいのはブラッドリー!」。

 

(試合経過)

お互い手の内を知り尽くしているので、予想通り、お互いが相手を警戒しすぎて、決め手に欠く展開が続きました。

ブラッドリーは、パッキャオが踏み込んでくる左に合わせて、右のカウンターを狙っています。

それを読んだパッキャオは、いつもの思い切った踏み込みはせず、自分の距離まで詰めてからパンチを打つ作戦のようです。

ブラッドリーの右かパッキャオの左か、という展開ですが、明確に取ったラウンドはなく、6ラウンドが終了しました。

やはり今回もクリーンヒットがお互い少なく、微妙な判定決着になりそうです。

 

7ラウンド、パッキャオがひっかけるような左でダウンを奪いました。ブラッドリーにダメージはありませんが、このダウンは痛いですね!限りなくスリップダウンに近いダウンですから、この2ポイントが判定に大きく影響するでしょう。

 

f:id:stonemeintothegroove:20160411134946j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160411134957j:plain

(これは明らかにスリップダウン)

そして9ラウンド、パッキャオが足のそろったブラッドリーに左フックを合わせて2度目のダウンを奪いました。これもダメージは全くないですけど、今度は完全なダウンです。

このダウンでほぼ勝敗は決まりましたね。この二人にKO決着は絶対ないですから。

 

f:id:stonemeintothegroove:20160411135037j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160411135051j:plain

(どんな体勢でもパンチが打てるパッキャオの身体能力の差が出た)

f:id:stonemeintothegroove:20160411135225j:plain

(ハデにひっくり返ったがダメージはない)

パッキャオはブラッドリーの右が見えてるようですので、これをまともにもらうことはなさそうです。

しかし、パッキャオも前に出るものの、ダウンを奪ってから手数が減り、迎え撃つブラッドリーも相変わらず決め手を欠き、そのまま最終ラウンドのゴングを聞きました。

 

私の採点は116-111でパッキャオ。結局2度のダウンが勝敗の決め手になりました。

公式ジャッジは3-0(3者とも116ー110)。

 

予想通り盛り上がりのない凡戦でした。特に最後の4ラウンドはお互い空回りで、ほとんどクリーンヒットがなく、過去の2回の試合の録画を見ているようでした。