読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わしのボクシングブログ|わしボク

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

ルイス・オルティス 44歳のトニー・トンプソンに引導渡す

▼スポンサーリンク

▼最新記事

ルイス・オルティス(キューバ)VSトニー・トンプソン(アメリカ)

ヘビー級12回戦(2016年3月5日)

f:id:stonemeintothegroove:20160409112151j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160409112157j:plain

(出典:WOWOW)

本来はWBA暫定ヘビー級タイトルマッチの予定でしたが、挑戦者のトンプソンがランク15位から外れてしまい、ノンタイトル戦となってしまいました。(直近の戦績が5戦して3敗ではね~)

オルティスが36歳、トンプソンは44歳、二人合わせてちょうど80歳の高齢者対決。見どころは…?

試合直前のいつもの浜田剛史さんのコメントは「オルティス、圧倒的に有利です」。

 

えっ!1ラウンドで終わり?

リング上で対峙した二人を見たら、どちらが勝つかは一目瞭然でした。あとは、オルティスの豪快なKOシーンをいつ見られるかだけが焦点の対戦です。

そして早くも1ラウンドにそのシーンがやってきました。

攻め込んだオルティスのパンチを、頭を下げて避けるトンプソンのテンプルに左フックが決まり、あっさりダウン。その倒れ方を見て「決まった」と思いましたが、カウント9で立ってきました。

まだたっぷり時間がありましたので、この回で決まると思いましたが、意外にしぶといトンプソンはオルティスの攻撃を「のらりくらり」とかわし、1ラウンドKO負けを免れました。

f:id:stonemeintothegroove:20160409113748j:plain

(ダメージの深そうな倒れ方をしましたが、回復は早かったトンプソン)

 

攻めあぐねるオルティス

 

早い回で倒すかに思えたオルティスですが、トンプソンは柔らかい体でダメージを殺し、しかも懐が深く「のらりくらり」とボクシングをするので、なかなか攻め切れません。

トンプソンの「のらりくらり」戦法を持て余し、3ラウンドもこのまま終わるかと思えた刹那。終了のゴングが鳴ると同時にオルティスの左ストレートがトンプソンのテンプルにヒットし、2度目のダウンを奪いました。

f:id:stonemeintothegroove:20160409115039j:plain

(3ラウンド終了のゴングと同時に放った左ストレート)

しかし、冷静に立ってきたトンプソンは、4ラウンド以降も何事もなかったかのように、「のらりくらり」戦法を展開します。

しかも、時折、左ストレートのカウンターを結構いいタイミングで狙ってきます。本当につかみどころのない選手です。

 

最後は左フックカウンター

オルティスの打ち終わりを狙うだけの消極的なトンプソンが、5ラウンドあたりから時折、先に手を出すようになります。

自分のパンチが当たり出したトンプソンは、少し調子に乗りすぎましたね。

そして、6ラウンド、そのトンプソンの不用意に出した右パンチに合わせて、オルティスの左フックがカウンターでヒット。さすがにこれは効きましたね。f:id:stonemeintothegroove:20160409121218j:plain

下がるだけのボクシングでは勝てませんから、トンプソンとしてはこれは仕方がないところです。

6ラウンドKOで結局オルティスの「圧勝」に終わりました。

 

WBAヘビー級トーナメント

 

 

image source to:WBA

 (出典:WBA)

 

WBAのヘビー級トーナメントによると、次はアレキサンドル・ウスティノフ(ロシア)との対戦が義務図けられています。

そして、タイソン・フューリーとウラジミール・クリチコの勝者と対戦して一応、トーナメントの決勝となるのでしょうか。

正規王者のルスラン・チャガエフはルーカス・ブラウンにTKO負けしましたが、ブラウンが薬物疑惑でタイトルを剥奪されましたので、こちら側のトーナメントではこの勝者と対戦する予定だったフリス・オケンドだけが残った形になっています。

 

まあ、わけのわからない王者を乱立させてきたWBAが、ようやくチャンピオンを一人に絞る方向に動き出しました。

どこまでやれるのか?「お手並み拝見と行きましょうか」