読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わしのボクシングブログ|わしボク

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

辰吉Jは不完全燃焼 VS三瓶一樹&中澤奬、池水達也そろってTKO負け 大阪帝拳受難の日

▼スポンサーリンク

▼最新記事

辰吉寿以輝VS三瓶一樹

フェザー級4回戦(56,5キロ契約)2016年3月27日

f:id:stonemeintothegroove:20160328121731j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160328121924j:plain

(出典:読売テレビ)

B級昇格をかけて臨んだ第4戦の相手はなんと11㎝も背が高く、「辰吉は懐に入って強打を当てられるかどうか」が勝負の分かれ目となりそうだとみられていました。

そして、予想通り、三瓶は長いジャブで辰吉の接近を許しません。

時折、飛び込んでパンチを振るいますが、どうしても距離が合いません。

三瓶のパンチは見えているようですが、距離が遠くて自分のパンチも当たりません。

f:id:stonemeintothegroove:20160328122050j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160328122059j:plain

(時折、ボディや左ジャブをヒットさせていましたが、手数が少なすぎます)

3ラウンドは三瓶のジャブで完全に試合をコントロールされていました。ただ三瓶の右は腰が引けていて、ほとんどヒットしません。

4ラウンドは奮起した辰吉が少し積極的に連打を放ちますが、三瓶のジャブに阻まれ、クリーンヒットを放つことが出来ません。

f:id:stonemeintothegroove:20160328122403j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160328122350j:plain

f:id:stonemeintothegroove:20160328122343j:plain

(最終ラウンドに連打を放ちますが、距離が合ってなく、クリーンヒットを奪えません)

 

結局、辰吉は最後まで自分の距離で試合ができず、またお互いに効果的なパンチもなく試合が終了しました。

f:id:stonemeintothegroove:20160328122705j:plain

(憮然とした表情で結果を待つ辰吉丈一郎さん)

判定は2-1(39-38、39-38、38ー39)で辛うじてB級昇格を果たしました。

56、5キロはやはり少し重いのかな。Sバンタム級で戦った方がいいような気がします。もう少し絞れば、体の切れやパンチのスピードも出てくるかもしれません。

パワーはありそうですが、やはり技術はまだまだですね。KOにこだわらず、こういう背の高い選手やサウスポーとの対戦で経験を積むことが何より大切です。

これからも、最低でも1年に4試合のペースで試合をこなしてほしいと思います。

 

中澤奬(日本Sバンタム級7位)VSテイル・渥美(ワタナベジム)(渥美)

 

フェザー級8回戦(56,5キロ契約)

この日のメインのカードです。しかし、8戦全勝の中澤がまさかまさかの4ラウンドTKO負け。2分10秒。恐るべしワタナベジムですね。

テイル・渥美はこれで11戦10勝4KO1敗。

そういえば、辰吉Jrの相手の三瓶一樹もワタナベジムですね。

 

池永(池水)達也VSジョナス・スルタン(フィリピンSフライ級チャンピオン)

 

Sバンタム級8回戦

アンダーカーで登場した大帝拳のホープ池永(池水)も2ラウンドTKO負け。

池永(池水)にはちょっと荷が重い相手だったかもしれません。

池永(池水)はこれで14戦12勝5KO2敗。

  

boxing.hatenablog.jp

 

 中澤と池永(池水)の試合の詳細は4月2日に日テレG+で放送されますので、後ほどご報告します。