読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

ラバーマッチが見たい! フリオ・セハVSウーゴ・ルイス

▼スポンサーリンク

▼最新記事

フリオ・セハ(メキシコ)VSウーゴ・ルイス(メキシコ)

WBC世界Sバンタム級タイトルマッチ(2016年2月27日)

f:id:stonemeintothegroove:20160324113815j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160324113758j:plain

(出典:WOWOW)

 

ダイレクトリマッチはわずか51秒で終わってしまいました。

約5か月前に行われた暫定王者決定戦はまれにみる激戦でしたが、今回のリマッチも負けず劣らず衝撃的でした。

 

boxing.hatenablog.jp

ボクシングマガジンをざっと読んでいましたので、 KO決着はわかっていたのですが、まさか1ラウンドとは思っていませんでした。

もう一度読んでみると、「51秒の早業」て書いてありました。

 

(エキサイトマッチを見る前にしっかり読むと、せっかくの試合の面白さが半減しますからね。なるべく放送予定の記事は事前に読まないようにしています。)

 

打たれ弱い同士

 

2人ともすごいKO率を誇るハードパンチャーです。

フリオ・セハは31戦30勝27KO1敗、ほぼ90%のKO率です。

一方のウーゴ・ルイスも38戦35勝32KO3敗ですから全くひけをとりません。

 

ウーゴ・ルイスは2012年12月に亀田興毅と対戦し、2-1で判定負けしていますね。この頃は亀田もまだそこそこの実力がありました。相変わらずの写真判定とはいえ、強打のルイスと五分のボクシングができたわけですから。でも、試合内容は全く覚えていません。

 

前回の試合で、浜田さんが「ウーゴ・ルイスは打たれ弱い」と言ってましたが、フリオ・セハも同様だと思います。

試合が始まって10秒ちょっと、セハが放った不用意な左ジャブを外し、ルイスが左ボディから右のストレートをカウンターで決めています。

素晴らしいワンツーでした。これをもらったら誰でもダウンするでしょうけど、体がまだほぐれていないセハのダメージは深刻でした。

 

f:id:stonemeintothegroove:20160324114244j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160324114234j:plain

(セハの左を外し、左ボディから会心の右リストレート)

セハはなんとか立ち上がりましたが、倒れたときに右足をひねったのか、足が痛そうです。試合は再開されましたが、セハはもう戦える状態ではありませんでしたから、ルイスが畳みかけると、レフリーがすぐにストップしました。

どうやらこの時に足首を骨折したようです。

51秒は世界Sバンタム級タイトルマッチでは最短記らしいですよ。

 

f:id:stonemeintothegroove:20160324114200j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160324114147j:plain

(倒れたときに右足首をひねっていますね)

f:id:stonemeintothegroove:20160324114300j:plain

(もう立っているのが精いっぱいのセハ)

 

ラバーマッチは?

 

私は基本的に再戦とかは嫌いなんですが、この二人に限ってはラバーマッチも見てみたい!と思いましたね。

ものすごくかみ合います。ダイレクトは無理にしても、年内に是非もう一度対戦してほしいカードです。ラバーマッチもKO決着必至ですよ。

そういえば、マニー・パッキャオVSティモシー・ブラッドリーもラバーマッチですね。でもこちらは最悪です。判定決着必至ですから。しかもクリーンヒットのない凡戦です。

 

ウーゴ・ルイスはカール・フランプトンとの対戦を希望してるようですが、これはフランプトンが一枚も二枚も上でしょう。

しかし、同じ階級の和氣慎吾にとってはルイスもセハも危険な相手ですね。