読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

年末世界戦のアンダーカード 10連勝の橋詰正義

▼スポンサーリンク

▼最新記事

橋詰正義VSケン・メナヨーシン(タイ)

 

Sフライ級8回戦(2015年12月31日)

f:id:stonemeintothegroove:20160316125050j:plain

(出典:TBSチャンネル)

2014年度の新人王、橋詰正義の試合がTBSチャンネルで3月15日に放映されていました。

橋詰の試合を見るのは新人王戦以来ですので、その成長ぶりを見てみようと録画した次第です。

 

boxing.hatenablog.jp

 

残念ながらあまり変わっていません

新人王を取った時のボクシングは結構雑で、パンチ力はあるがスタミナ不足が目につきました。

この日も基本的にはあまり変化は見られませんでした。

左ストレートはフェリックス・ベルデホの右ストレートほどではないにしても、思い切り打つ振りぬいてパワーが感じられましたが、ちょっと力みすぎで序盤はぎこちなさが目立ちました。

f:id:stonemeintothegroove:20160316130930j:plain

それと右のフックを打つとき、左のガードが下がるのも気になりました。もろにカウンターをもらう危険性があります。

 

f:id:stonemeintothegroove:20160316130804j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160316130642j:plain

(返しの右フックが遅くてキレがなく、ひだりガードががら空き)

 

しかしこの日の相手は例によってタイの観光ボクサーですから、もう逃げるばっかりで、カウンターなんて気の利いたパンチは打ってきません。

橋詰は相変わらず攻めが雑で、逃げまくるケンに対して追う足がなく、詰めが甘いですね。

 

左ストレート1発で決める

4ラウンドのKOシーンは見事でした。3ラウンドまでの橋詰とは別人のようにシャープでしたね。

右ジャブで距離を測り、左ストレートをジャストミート。

この左ストレートは左にねじりこむように打つので、破壊力がありましたね。

 

f:id:stonemeintothegroove:20160316131831j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160316130610j:plain

(右ジャブから左ストレート)

f:id:stonemeintothegroove:20160316130622j:plain

(左にねじりこむようにフィニッシュ)

おそらくこれで新人王戦から1年間で3試合目で、いずれも相手はタイの観光ボクサーでしょう。

日本ランキングは13位と、ランキングをキープするのが精いっぱいの状態です。

日本ランカーの少し骨のある相手と対戦したら、右カウンター1発で沈む光景が目に浮かびます。

目はいいのでしょうが、守りは隙だらけですね。