わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

内山高志のV12の相手、ヘスリール・コラレス&柴田明雄、金子大樹の試合結果

▼最新記事

内山高志VSヘスリール・コラレス(パナマ)

 

WBA世界Sフェザー級タイトルマッチ(2016年4月27日)

f:id:stonemeintothegroove:20160312160233j:plain

(出典:テレビ東京)

最初は正規王者のハビエル・フォルツナ(ドミニカ)と統一戦をやる予定でしたが、ファイトマネーで折り合わず、暫定王者のヘスリール・コラレスに変更になりました。

多分、フォルツナが逃げたのでしょう。弱いですから。

 

boxing.hatenablog.jp

 コラレスは昨年12月にWBA4位のファン・アントニオ・ロドリゲス(メキシコ)に11回終了棄権によるTKO勝ちで、暫定タイトルを手に入れています。

21戦19勝7KO1敗1NC。戦績から判断するとそれほどパンチ力はなさそうですね。身長172㎝、リーチ175㎝、24歳。

身長は内山と同じですが、リーチは182㎝の内山より短い。中南米の選手より日本人の方がリーチが長いというのは珍しですね。そういえば辰吉丈一郎さんもリーチが長かったですね。

まあ内山より優っているのは、年齢ぐらいでしょう。相当力の差がありそうです。

相手の変更が続いてモチベーションが下がって、油断して山中慎介のように不用意なパンチをもらわない限り、内山が負けることは考えられません。

そして、次はいよいよニコラス・ウォータースです。

 

柴田明雄まさかのKO負け

東洋太平洋・日本ミドル級タイトルマッチ(2016年3月11日)

柴田明雄VS西田光

1年8か月ぶりのリマッチは、西田がKO勝ちで雪辱を果たしました。

この日の柴田はいいところなし。初回から西田のペースで進み、2ラウンドに早くも2度ダウンを奪われ、かなり深刻なダメージを負います。

何とかゴングに救われましたが、ダメージを引きずった3ラウンドにあっさりとどめを刺されました。

ダブルタイトルを手にした西田は、23戦15勝7KO7敗1分。

村田諒太に負けたものの、その後好調をキープしていた柴田ですが、まさかまさかのKO負け。34歳、年齢的なものですかね。

 

boxing.hatenablog.jp

 

金子大樹は力の差を見せ付ける

ライト級8回戦

金子大樹VS相馬一哉

柴田のタイトルマッチの前座に登場した金子は、ノーランカーの相馬を相手に力のを見せ付け、4ラウンドにTKO勝ちし、連敗から脱出しました。

相馬は18戦7勝6KO9敗2分。いくら何でもこれはミスマッチでしょう。

まあ、タイの観光ボク―とやるよりはましですけどね。

Sフェザーにこだわらないなら、日本ライト級王者の徳永幸大と対戦したらいいと思います。自信を持ち直した金子なら楽勝ですよ。

 

boxing.hatenablog.jp