読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

WBCがウェルター級でビッグイベント?を計画

▼スポンサーリンク

▼最新記事

フロイド・メイウェザーの穴を埋めるトーナメント

 

WBCはメイウェザーの引退によって空位になった、ウェルター級の王座をめぐってユニークなトーナメントを計画しています。

まず、ダニー・ガルシア(アメリカ)VSロバート・ゲレロ(アメリカ)でとりあえず、王者を決めます。

そして、レイモンド・ピーターソンVSアンドレ・ベルトでこのタイトルの調整者決定戦が行われます。

一方で、この4人の勝者に挑戦するトーナメントが5人で行われます。

図にすると下記のようになります。

 

f:id:stonemeintothegroove:20160224135244j:plain

(出典:WOWOW)

 

 王座決定戦                    挑戦者決定戦(1回戦)

2位       12位
ダニー・ガルシア(アメリカ)
 
 

 勝ち

サミー・バスケス(アメリカ)
6位       23位
ロバート・ゲレロ(アメリカ)      負け アーロン・マルチネス(メキシコ)

 

挑戦者決定戦

     

 

 挑戦者決定戦(1回戦)

4位       20位(最近12位へランクアップ)
レイモンド・ピーターソン(アメリカ)       ミゲール・バリオヌエボ(アルゼンチン)
5位       33位
アンドレ・ベルト(アメリカ)       アサエル・コシオ(パナマ)

 

 

     

 

 挑戦者決定戦(決勝)

        10位
        レイ・ロビンソン(アメリカ)

 

1位のアミール・カーンはサウル・アルバレスに挑戦しますし、3位のショーン・ポーターはWBAのキース・サーマンに挑戦が決まっていますので、左側にこの2人を除く上位4人がそろった形です。

(どうやら、キース・サーマンが交通事故でWBAのタイトル戦は中止になるようです)

 

この日の試合は(バスケスVSマルチネス)挑戦者決定トーナメントの1回戦となります。

勝者はミゲル・バリオヌエボVSアサエル・コシオの勝者と戦い、最後にレイ・ロビンソンとの対戦で王座への挑戦権が決まります。

10位のレイ・ロビンソンはシードされた形ですね。

右側の5人のトーナメントのメンバーは左側の4人に比べると若干手薄な感じがしますが、まあ試みとしては面白いと思います。

 

 サミー・バスケス(アメリカ)VSアーロン・マルティネス(メキシコ)

WBC世界ウェルター級挑戦者決定トーナメント(1回戦)(2016年1月23日)

 

f:id:stonemeintothegroove:20160224143316j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160224143325j:plain

(出典:WOWOW)

 バスケスは解説の浜田剛史さんが言う通り、一見ロマチェンコに似ていますね。

そしていつもの名セリフ「お手並み拝見と行きますか」が出ました。

 バスケスはロマチェンコに似ているだけあって、足の運びがよく、動きがスムーズです。一方のマルティネスはガードを固めているだけで、ほとんどパンチが出ず、序盤は完全にバスケスのペースで進みました。

ただバスケスもKO率70%ほどのパンチ力はなく、ガードの堅いマルティネスから、なかなかクリーンヒットを奪えません。

そして6ラウンドが終了してコーナーに戻ったマルティナスの様子が、何だかおかしいのです。首をうなだれてまるで戦意がかじられません。

「もしや」と思いましたが、的中。ギブアップです。

どうやら左ひじを痛めたようです。

なんともつまらない幕切れでした。f:id:stonemeintothegroove:20160224143345j:plain

マルティネスは、この日のメインの登場するロバート・ゲレロに判定で負けていますが、2-1のスプリットデシジョンというきわどいもの。そしてデボン・アレキサンダーには判定勝ちしています。

この日はその片鱗を全く見せず、いいところなく1回戦で姿を消しました。

勝ったバスケスもクリーンヒットが少なく、パンチ力もこのクラスでは物足りませんね。2回戦の相手はいれにしても格下ですが、苦戦しそうです。

結局、レイ・ロビンソンが挑戦権を獲得しそうな気がします。

 

ウェルター級トップ戦線

 

 

f:id:stonemeintothegroove:20160224143356j:plain

   (出典:WOWOW)

 

改めてウェルター級のトップ戦線を見ますと、ヘビー級に負けず劣らず、群雄割拠という感じです。

キース・サーマンのケガの状態が分からいので、何とも言えませんが、サーマンが戦列を離脱するとなると、私は、ケル・ブルックが一歩抜けているような気がします。