読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わしのボクシングブログ|わしボク

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

3月の「わしボク」注目のカード(国内)

▼スポンサーリンク

▼最新記事

比嘉大吾の防衛戦(3月5日)

WBCユース・フライ級タイトルマッチ

比嘉大吾VSロメル・オリベロス(フィリピン)

f:id:stonemeintothegroove:20160222135300j:plain

(出典:日テレG+)

比嘉は私の一押しの世界チャンピオン候補です。

今回の相手のオリベロスは東洋太平洋フライ級15位。比嘉はまだ日本フライ級6位ですから、それなりに手応えのある相手だとは思います。

しかし、今の比嘉の実力から考えると、このあたりの相手でてこずる訳にはいきません。スカッとKOで仕留めてくれると思います。

この試合は日テレG+で生放送されます。楽しみですね。

 

次はそろそろ日本タイトルに挑戦してほしいですね。

現王者の粉川は世界ランカーですから、勝てば同時に世界ランクも手に入ります。

問題は、3月18日の粉川拓也VS黒田雅之の勝者が受けてくれるかどうかです。

 

 

boxing.hatenablog.jp

 

金子大樹の再起戦

ジョムトーン、仲村と連敗を喫した金子の再起戦が行われます。

ライト級8回戦(3月11日)

金子大樹VS相馬一哉

まだ27歳です。早く日本タイトルをKOでガンガン防衛していたころの金子を取り戻して、もう一度世界にチャレンジしてほしいですね。

相手はノーランカーの相馬。中年の星と呼ばれている35歳の選手です。たしか彼はSライト級で試合をしていたような気がします。

どうやら金子はライト級で再出発するみたいですね。

 しかし、ジョムトーンと対戦した時は完全にフィジカル面で負けていましたから、ライト級はどうでしょう。

 

boxing.hatenablog.jp

 

ちなみにこの日のメインは、柴田昭雄VS西田光の東洋太平洋&日本ミドル級タイトルマッチです。残念ながらテレビ放映はなさそうです。

 

丸田七陽太の第二戦

デビュー戦で世界ランカーに圧勝した丸田の第二戦が行われます。

Sバンタム級6回戦(3月20日)

丸田七陽太VSクルンシン・ガオラーンレックスジム(タイ)

デビュー戦の勝利で日本Sバンタム級11位にランクされましたが、残念ながら世界ランクを手に入れることはできなかったようです。

IBFバンタム級10位だったジェイソン・カノイ(フィリピン)は世界ランクから姿を消しましたが、丸田がそれにとって代わることはできませんでした。

試合が6回戦だったからでしょうかね~

 

 

boxing.hatenablog.jp

 

それにしてもこのマッチメイクは最悪ですね。私が一番危惧していたタイの観光ボクサーが相手です。

これからのマッチメイクが大変そうです。

 

「天声人語」に一言

2月22日の朝日新聞の天声人語を読んでいましたら、変なことが書いてありました。

赤色と青色を対比させて、赤は情熱、青は沈着、というような内容でしたが、そのたとえで最後にボクシングを引用していました。

「ボクシングなどでは赤コーナーの方が青コーナーより勝率が高いという研究もあるという」

こんなアホみたいな研究、一体誰がしているのでしょうね。

ボクシングファンなら当たり前の話ですが、赤コーナーはその試合の位の上の選手、青コーナーは下の選手というのが一般的な慣例です。

例えば、赤コーナーはチャンピオン、青コーナーは挑戦者というのが一般的です。(最近のアメリカでは違う場合もあるようですが)

したがって、赤コーナーの方が勝率の高いの当たり前の話です。コーナーの色はボクシングの勝敗とは関係ありませんよ。

私はこの研究をしている人の名前を知りたいですね。

天声人語さん、安易な引用でコラムの内容が台無しですよ~。