わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

浜田さん一押しの「デオンテイ・ワイルダー」サウスポーにてこずるの巻VSアルツール・スピルカ

▼最新記事

デオンテイ・ワイルダー(アメリカ)VSアルツール・スピルカ(ポーランド)

 

WBC世界ヘビー級タイトルマッチ(2016年1月16日)

f:id:stonemeintothegroove:20160218161211j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160218161238j:plain

f:id:stonemeintothegroove:20160218170342j:plain

(出典:WOWOW)

浜田剛史さんはやっぱりハードパンチャーが好きですね。

群雄割拠のヘビー級にあって、浜田さんの一押しはやっぱりワイルダー、飯田覚士さんはタイソン・フューリーでした。

ちなみに私はアンソニー・ジョシュアです。

まあ順当な線でいくとやっぱりフューリーでしょうね。

ウラジミール・クリチコの長期政権に終止符を打ち、ヘビー級戦国時代の幕を開けた張本人ですからね。

 

さてワイルダーのこの日の相手のスピルカはポーランド人です。

ポーランドといえばすぐに思い出すのが、アンドリュー・ゴロタです。パンチ力があってなかなか魅力的な選手でした。常に世界のトップに君臨していましたが、残念ながら世界チャンピオンにはなれませんでした。

 

サウスポーは苦手

スピルカはサウスポースタイルで、パンチもスピードがあり、きびきびした動きをします。

しかも頭を振りながら飛び込んでくるので、なかなか的を絞りにくいようで、ワイルダーの大きなパンチはことごとく空を切ります。

それにしてもこの日のワイルダーはぎこちなかったですね。

スピルカのいきなりの左も、見えない角度から打ってくるのか、序盤は結構被弾していました。

浜田さんが「ワイルダーがこれだけ手数が少ないのは、おそらくサウスポーが苦手なんでしょう」と言う通り、長い左ジャブは時折ヒットするものの、右ストレートは全く距離があっていませんでした。

前半でワイルダーが唯一見せ場を作ったのが4ラウンド。

ディフェンスのうまいスピルカがふっと油断したところに、ワイルダーがきれいなワンツーをヒットしました。

 

このままだと判定負けも

結果を知っていましたが、それでもこの展開では判定決着になっても不思議はないほど、ワイルダーは動きの速いスピルカにてこずり、捕まえることができません。

むしろ試合はスピルカのペースで進んでおり、ポイント的にも微妙な感じで、私の採点では6ラウンド終了時点で、スピルカが3ポイントリードしていました。

 

ようやくワイルダーがサウスポーに慣れて、距離をつかんだ感じがしたのは7ラウンドぐらいからです。

長い左ジャブでスピルカを中に入らせず、右ストレートのカウンターのタイミングも徐々にあってきた感じです。スピルカはこの右も警戒して手数が徐々に減っていきます。

ワイルダーはスピルカのパンチも見切ってきたようです。このあたりの適応能力は大したものですね。

 

狙いすました右ショートカウンター

芸術的なカウンターブローでしたね。

構えた位置からそのまま振り切った、非常にコンパクトな右ストレートカウンターでしたが、上からねじりこむように打つ、コークスクリューパンチで、これ以上ないぐらいのジャストミートでした。

完全に狙いすましたパンチですね。

そしてそのパンチの威力にも驚かされます。倒れたスピルカはまさに大の字。もう立ってこないのは明白でした。ピクリともしませんでした。

浜田さん、大絶賛の破壊力でした。

「やはりパンチがあるというのは大変な強みですね」

 

構えた位置からテークバックもなくそのまま打ち込んでこられたら、これは避けられないですね。間違いなくワイルダーの必殺パンチのお披露目ですよ。

これでサウスポーも怖くないです。IBFのチャールズ・マーティンはスピルカほどスピードがないので、早い回でこの必殺パンチにの餌食になりそうです。

 

それではこの必殺パンチを様々な角度からご覧いただきましょう!

 

 (上から)

f:id:stonemeintothegroove:20160218170416j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160218170422j:plain

 

(この角度からが一番わかりやすいですね。完全に打ち抜いています)

 f:id:stonemeintothegroove:20160218170453j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160218170504j:plain

 

f:id:stonemeintothegroove:20160218170520j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160218170547j:plain

 

 

 (ワイルダーの方から。全くためのないタイミングだけのカウンターです)

f:id:stonemeintothegroove:20160218170559j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160218170610j:plain

f:id:stonemeintothegroove:20160218170629j:plain

 (この構えの位置からそのままの、コンパクトなカウンター)

 f:id:stonemeintothegroove:20160218170959j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160218171008j:plain

 

(スピルカの確度から。完全に打ち抜いています)

f:id:stonemeintothegroove:20160218170641j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160218170659j:plain

 

さて、これからのヘビー級戦線ですが、ワイルダーはアレクサンデル・ポペトキンと対戦予定です。真価を問われる一戦になりそうです。

ラッキーな勝利でIBFタイトルを手に入れたマーティンはアンソニー・ジョシュアと初防衛戦を行うようです。ジョシュアがよっぽどサウスポーが苦手でない限り、マーティンに勝ち目はないでしょう。